Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 数式かどうかを調べる-IsFormula

数式かどうかを調べる-IsFormula

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010

条件付き書式を設定しているようなときなどに、数式が入力されているかどうかを判断したい、調べたいということがあります。

Excelには、数値かどうかを判断するISNUMBER関数奇数か偶数かを判断するISODD関数とISEVEN関数空白かどうかを判断するISBLANK関数エラーかどうかを判断するISERROR関数などが、ワークシート関数として用意されています。

しかし、数式かどうかを判断するワークシート関数(エクセル関数)は、残念ながら用意されていません。

[スポンサードリンク]

数式かどうかを判断するには、VBA(Visual Basic for Applications)を利用して、ユーザー定義関数を作成しましょう。


▼数式かどうかを判断するユーザー定義関数
Function IsFormula(セル As Range) As Boolean
 IsFormula = セル.HasFormula
End Function

数式かどうかを判断するワークシート関数は用意されていませんが、VBAには数式かどうかを判定するRange.HasFormulaプロパティがあります。

Range.HasFormulaプロパティは、数式のときにTRUE、数式でないときにFALSEを返してくれます。

まさに数式かどうかを調べられるのです。

数式かどうかを調べるRangeオブジェクトのHasFormulaプロパティをラップしただけの、上記のような簡単なコードで、数式かどうかを判断するユーザー定義関数はできます。

最終更新日時:2018-01-02 21:43

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 数式かどうかを調べる-IsFormula

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 数式かどうかを調べる-IsFormula

「ユーザー定義関数」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.