Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 右隣のシートを相対参照したい

右隣のシートを相対参照したい

対象:Excel2000, Excel2002, Excel2003, Excel2007

左隣のシートを相対参照するユーザー定義関数をご紹介しました。

[スポンサードリンク]

ほとんど同じことですが、左隣ではなく右隣のワークシートを相対参照するユーザー定義関数をご紹介しておきます。


▼右隣のシートのセルを参照するユーザー定義関数
Function RefRightSheet(objCell As Range) As Variant

 Application.Volatile
 RefRightSheet = objCell.Parent.Next.Range(objCell.Address).Value

End Function

左隣のワークシートを相対参照するユーザー定義関数のときは、引数に指定されたセル(objCell)のParentオブジェクトのPreviousプロパティを利用しましたが、右隣のときはNextプロパティを利用します。

▼サンプルファイル(003323.xls 57KByte)ダウンロード

サンプルファイルの「2月」「3月」シートのB1セルで、上記のRefRightSheet関数を利用しています。

例えば、「3月」シートの左隣に「3月」シートをコピーして「4月」シートを作成したらどうなるか、などをご確認ください。

関連語句
自作関数, relative reference,
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 右隣のシートを相対参照したい

TrackBack:1

TrackBack URL
任意のワークシートを相対参照するユーザー定義関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 右隣のシートを相対参照するユーザー定義関数と、左...

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 右隣のシートを相対参照したい

「ユーザー定義関数」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.