Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » ページ指定印刷するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba 印刷 ページ指定」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

ページを指定して印刷を行うWord VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

ページ指定して印刷するサンプルマクロ

「word vba 印刷 ページ指定」
という検索キーワードだけでは詳細がわかりませんので、参考になりそうなサンプルマクロをご紹介しておきます。


Sub ページを指定して印刷する()

 ActiveDocument.PrintOut _
  Range:=wdPrintRangeOfPages, _
  Pages:="2-3"

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブな文書の2ページ目から3ページ目が印刷されます。

サンプルマクロの解説

ページ指定印刷をVBAから行うには、PrintOutメソッドの引数で指定を行います。

PrintOutメソッドは、下図のように、オブジェクトブラウザーで完全一致検索してみるとわかるとおり、

ページ指定印刷するWordマクロ

いくつかのオブジェクトに用意されています。

ここではDocumentオブジェクトのPrintOutメソッドを利用しています。

PrintOutメソッドは、とてもたくさんの引数を指定できますが、

ページ指定印刷するWordマクロ

ページ指定印刷に関係するのは、RangeとPagesです。

引数・Rangeには、列挙体・WdPrintOutRangeに定義された以下のような定数を指定できます。

ページ指定印刷するWordマクロ

これらの定数の中のwdPrintRangeOfPagesを指定すれば、ページ指定印刷となり、どのページを印刷するのかは、引数・Pagesなどで指定できます。

Pagesの指定はサンプルマクロのように「-」(ハイフン)を使って範囲指定もできますし、「,」(カンマ)で区切って複数ページを指定することもできます。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » ページ指定印刷するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » ページ指定印刷するWordマクロ

「Documentオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.