Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » 開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ

開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba 開いているファイル数を取得」
「word vba 開いている文書の数を調べる」
といった検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気が付きました。

開いているWordファイル・Word文書の数を取得する、Word VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

開いている文書数を取得するサンプルマクロ

開いている文書数を取得する簡単なマクロをご紹介しておきましょう。


Sub 開いている文書数を取得する()
 Dim cnt As Long
 cnt = Documents.Count
 MsgBox cnt
End Sub

上記のマクロを実行すると、現在開いているWordファイルの数がメッセージボックスに表示されます。

サンプルマクロの解説

文書数を取得しているのは、
 cnt = Documents.Count
の右辺「Documents.Count」です。

開いている全てのファイル名・文書名を取得するWordマクロのカウンター変数を使ったFor~Next文
 For i = 1 To Documents.Count
のToの後ろ「Documents.Count」と同じです。

ApplicationオブジェクトのDocumentsプロパティで、開いている全文書を表すDocumentsコレクションオブジェクトを取得して、

開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ

DocumentsコレクションオブジェクトのCountプロパティで、Documentsコレクションオブジェクトに含まれるDocumentオブジェクトの数を取得しています。

開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ

「Documents.Count」はApplicationオブジェクトを取得するApplicationプロパティも記述して「Application.Documents.Count」とすることもできますが、DocumentsプロパティはWord VBAのグローバルメンバーですので、

開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ

Applicationを書かないのが一般的です。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » 開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » 開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ

「Documentオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.