Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » ウィンドウ内スライドショーに設定変更するPowerPointマクロ

ウィンドウ内スライドショーに設定変更するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

2007以降のPowerPointで、スライドショーを全画面表示ではないスライドショー・ウィンドウ表示にする操作をご紹介しました。

同じことを複数のファイルに対して行う、PowerPointのマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

開いているプレゼンファイルをすべてウィンドウ表示のスライドショーにするサンプルマクロ

以下のようなマクロで、開いているプレゼンテーションファイルのスライドショーを、すべてウィンドウ内で行うように設定変更できます。


Sub 開いているPPTファイルのスライドショーをウィンドウ表示にする()

 Dim prs As Presentation
 Dim msg As String

 msg = "開いている全プレゼンテーションファイルをウィンドウ内でスライドショーするように設定変更しますか?"
 If MsgBox(msg, vbYesNo) = vbNo Then Exit Sub

 For Each prs In Presentations
  prs.SlideShowSettings.ShowType _
   = ppShowTypeWindow
 Next prs

End Sub

上記のマクロを実行すると
「開いている全プレゼンテーションファイルをウィンドウ内でスライドショーするように設定変更しますか?」
というメッセージが表示され、[はい]ボタンをクリックすると設定変更が行われます。

サンプルマクロの解説

開いているすべてのプレゼンテーションファイルに対してループを回して、
 For Each prs In Presentations

SlideShowSettingsオブジェクトのShowTypeプロパティをppShowTypeWindowに設定しています。
  prs.SlideShowSettings.ShowType _
   = ppShowTypeWindow

SlideShowSettings.ShowTypeプロパティを、ppShowTypeSpeakerにすれば一般的なスライドショー・フルスクリーン表示に、ppShowTypeKioskにすれば自動プレゼンテーションになります。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » ウィンドウ内スライドショーに設定変更するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » ウィンドウ内スライドショーに設定変更するPowerPointマクロ

「スライドショー」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.