Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » 指定したスライドからスライドショーを開始・終了するPowerPointマクロ

指定したスライドからスライドショーを開始・終了するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「パワーポイント vba ページを指定してプレゼンテーション開始」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

先頭のスライドからではなく任意のスライドから、VBA(Visual Basic for Applications)を使ってスライドショーを開始するにはどうすればいいのかを探している方による検索です。

目的別スライドショーと非表示スライド

PowerPointには、指定したスライドだけを使ってスライドショーを行う、目的別スライドショーという機能があります。

指定したスライドからスライドショーを開始・終了するPowerPointマクロ

便利な機能ですが、大量のスライドが含まれているプレゼンテーションファイルで、開始するスライドを指定するためだけに目的別スライドショーを作成するのは、ちょっと面倒です。

表示したくないスライドを、非表示スライドに設定するという方法も考えられますが、

指定したスライドからスライドショーを開始・終了するPowerPointマクロ

これも非表示にするスライドが多い場合、面倒に感じる気持ちは理解できます。

[スポンサードリンク]

指定したスライドからスライドショーを開始するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、11枚目のスライドからスライドショーを開始することができます。


Sub 任意のスライドからスライドショーを開始する()

 Const ID_A = 11  'スライドショーを開始するスライド番号
 Dim id_z As Long  'スライドショーを終了するスライド番号

 With ActivePresentation
  id_z = .Slides.Count
  With .SlideShowSettings
   .RangeType = ppShowSlideRange
   .StartingSlide = ID_A
   .EndingSlide = id_z
   .Run
  End With
 End With

End Sub

開始するスライド番号を定数・ID_Aに「11」に設定して、終了するスライド番号は、変数・id_zに最後のスライドのスライド番号を代入しておきます。
 Dim id_z As Long
 With ActivePresentation
  id_z = .Slides.Count

ID_A・id_zの値を使ってスライドショーの設定を行って、
  With .SlideShowSettings
   .RangeType = ppShowSlideRange
   .StartingSlide = ID_A
   .EndingSlide = id_z

スライドショーを開始しています。
   .Run
  End With
 End With

終了するスライドも指定する場合のサンプルマクロ

終了するスライドも指定する場合は、以下のようなマクロです。


Sub 開始と終了のスライドを指定してスライドショー()

 Const ID_A = 11  'スライドショーを開始するスライド番号
 Const ID_Z = 20  'スライドショーを終了するスライド番号

 With ActivePresentation.SlideShowSettings
  .RangeType = ppShowSlideRange
  .StartingSlide = ID_A
  .EndingSlide = ID_Z
  .Run
 End With

End Sub

開始するスライド番号を定数・ID_Aに、終了するスライド番号を定数・ID_Zにそれぞれ指定しておいてから、
 Const ID_A = 11
 Const ID_Z = 20

スライドショーの設定を行って、
 With ActivePresentation.SlideShowSettings
  .RangeType = ppShowSlideRange
  .StartingSlide = ID_A
  .EndingSlide = ID_Z

スライドショーを開始しています。
  .Run
 End With

このマクロで利用しているPowerPointオブジェクトの階層構造

指定したスライドからスライドショーを開始・終了するPowerPointマクロ

ActivePresentationプロパティでPresentationオブジェクトを取得して
 PresentationオブジェクトのSlideShowSettingsプロパティで
 SlideShowSettingsオブジェクトを取得して
  SlideShowSettingsオブジェクトの
   RangeTyep・StartingSlide・EndingSlideプロパティを設定して
   Runメソッドを実行しています。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » 指定したスライドからスライドショーを開始・終了するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » 指定したスライドからスライドショーを開始・終了するPowerPointマクロ

「スライドショー」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.