Home » Python » OpenPyXLの使い方 » OpenPyXLがあればExcel VBAは不要なのか

OpenPyXLがあればExcel VBAは不要なのか

PythonでXLSXファイルを処理するライブラリOpenPyXL関連の検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスいただく方が増えてきています。

そういった検索キーワードを拝見して、懸念していることがあります。
プログラミングをあまりご存知なく、OpenPyXLに期待しすぎているように感じる検索キーワードが、少なからずあるのです。

[スポンサードリンク]

プログラミング言語Pythonを学ぶことはおすすめします

「Pythonが人気らしく、ちょっと気になるなぁ」
と思うのなら、是非チャレンジしてください。
Python自体の学習は、おすすめします。

Pythonは確かに学習コストが低く、仕事の自動化に使えるケースもあるプログラミング言語だからです。

ただし、OpenPyXLを使えば、Excelを自由に操作できるとは思わないでください。OpenPyXLがあればExcel VBAでできることがすべてできる、などとは決して思わないでください。

OpenPyXLはアプリケーションとしてのExcelを操作するのではなく、Excel等によって作られるXML形式のファイルを処理するライブラリです。

OpenPyXLの学習コストは低くない

プログラミング言語Pythonの学習コストは低いと感じますが、OpenPyXLを学習するハードルは、結構高いと私は感じています。

書籍等に書かれているサンプルそのままでよければ、書き写せばもちろん動くでしょう。ですがサンプルコードそのままの状態でイイというケースは、決して多くはないはずです。何らかの修正を必要とするのが普通です。

サンプルのどこをどう直せばいいのかを調べるためには、当然ながら学習が必要です。そのための学習コストが、OpenPyXLは決して低くないと感じます。

(玉石混交ながらが)Excel VBAならばネット上にたくさんの情報が存在しますが、OpenPyXLについての情報は、Excel VBAに比べかなり少ないと感じます。書籍もExcel VBAの場合、大量に出版されています。作られるコードがいまいちなことは認めますが、VBAのコードを自動的に作ってくれるマクロ記録機能が、Excelにはあります。

OpenPyXLの場合、すべてがWeb上にドキュメント化されているわけではないため、dir()関数を使ったり、ヘルプを読んだりする必要があります。そして、それらは英語です。

プログラミング経験のない方が、OpenPyXLを使ったExcel操作を素材にプログラミング学習を進めるというのは、決して楽な道ではないと私は思います。特に日本的組織で作られるようなExcelファイルの処理を自動化したい場合。

Excel VBAにできてOpenPyXLにできないことはたくさんある

OpenPyXLのほうがExcel VBAよりシンプルなコードで済む処理は確かにあるでしょうけれど、OpenPyXLにできてExcel VBAでできない処理は、(おそらく)ないはずです。

一方Excel VBAならできてOpenPyXLではできないことは、たくさんあります。

OpenPyXLはアプリケーションとしてのExcelを操作するのではなく、Excel等によって作られるXML形式のファイルを処理するライブラリに過ぎませんから。

Pythonの学習はおすすめしますが、OpenPyXLに過剰な期待を抱くのは、やめておくほうがイイと私は考えています。

最終更新日時:2019-11-29 00:59

[スポンサードリンク]

Home » Python » OpenPyXLの使い方 » OpenPyXLがあればExcel VBAは不要なのか

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » OpenPyXLの使い方 » OpenPyXLがあればExcel VBAは不要なのか

「OpenPyXLの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.