Home » Python » OpenPyXL » openpyxl.Workbook()でブックを作成した場合のシート名とオブジェクト名

openpyxl.Workbook()でブックを作成した場合のシート名とオブジェクト名

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + OpenPyXL 2.6.2

「openpyxl フルパスでのワークブック指定 エクセルファイルの開き方」
という検索キーワードをきっかけにして、openpyxl.load_workbook()でブックをフルパス指定するにはどうすればいいのか書きました。

Excel VBAに慣れていて、PythonやOpenPyXLをほとんど触ったことのない私には、OpenPyXLにはなかなか興味深い挙動があります。

[スポンサードリンク]

openpyxl.Workbook()でブックを作成しworkbook.save()で保存する

openpyxl.Workbook()で作成したブックの、シートの名前は「Sheet」で、オブジェクト名は「Sheet1」という状態に、私はまず驚かされました。


import openpyxl
wb = openpyxl.Workbook()
wb.save('C:\\temp\\foofoo.xlsx')

上記のコードを実行して、Cドライブのtempフォルダーに作成された、foofoo.xlsxをExcelで開いてみると、シートは下図のように「Sheet」という名前になっています。

普段のExcelでは見ることのないシート名のため、なかなか新鮮です。

更にVBEを起動して、プロジェクトエクスプローラ・プロパティウィンドウを確認すると下図のとおり、オブジェクト名は、「Sheet1」になっています。

VBAのWorkbooks.Addメソッドでブックを作成した場合

もちろんExcel VBAで
  Workbooks.Add
を実行して、新規にブックを作成した場合は、シート名もオブジェクト名も「Sheet1」です。

最終更新日時:2019-04-17 10:16

[スポンサードリンク]

Home » Python » OpenPyXL » openpyxl.Workbook()でブックを作成した場合のシート名とオブジェクト名

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » OpenPyXL » openpyxl.Workbook()でブックを作成した場合のシート名とオブジェクト名

「OpenPyXL」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.