Home » Python » OpenPyXL » OpenPyXLで列データをリスト化する

OpenPyXLで列データをリスト化する

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + OpenPyXL 2.6.2

「python エクセル セル リスト化」
という検索キーワードに気が付きました。

複数の可能性を考えられる検索キーワードですが、セル上のデータをPythonのリストにする方法を探していたのかなと、推測しています。

[スポンサードリンク]

for文の中でappend()メソッドを使って列データをリスト化

以下のスクリプトを実行すると、Cドライブtempフォルダーに存在する、foo.xlsxブック先頭シートのC列のデータがリスト化できる様子を確認できます。


import openpyxl
wb = openpyxl.load_workbook('C:\\temp\\foo.xlsx')
ws = wb.worksheets[0]

values = []
for cell in ws['C']:
    values.append(cell.value)
print(values)

空のリストvaluesを用意しておき、
  values = []

for文でC列の各セルを取得して、
  for cell in ws['C']:

リストのappend()メソッドで、C列の値をリストvaluesに追加しています。
      values.append(cell.value)

もちろん、
  for cell in ws['C']:
の部分は、
  for cell in tuple(ws.columns)[2]:
としてもOKです。

リストの内包表記で列データをリスト化

以下のスクリプトでも、Cドライブtempフォルダーに存在する、foo.xlsxブック先頭シートのC列のデータがリスト化できる様子を確認できます。


import openpyxl
wb = openpyxl.load_workbook('C:\\temp\\foo.xlsx')
ws = wb.worksheets[0]

values = [ cell.value for cell in ws['C'] ]
print(values)

リストの内包表記を使って、C列の値をリスト化しています。

これも、
  [ cell.value for cell in ws['C'] ]
の部分は
  [ cell.value for cell in tuple(ws.columns)[2] ]
などとしてもOKです。

最終更新日時:2019-06-14 10:59

[スポンサードリンク]

Home » Python » OpenPyXL » OpenPyXLで列データをリスト化する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » OpenPyXL » OpenPyXLで列データをリスト化する

「OpenPyXL」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.