Home » Python » IPythonの使い方 » IPythonはdir()関数の結果が見やすい

IPythonはdir()関数の結果が見やすい

動作検証バージョン:64bit版 Windows 10 Pro + Python 3.8.0 + IPython 7.9.0

IPythonで変数を簡単に確認できることをご紹介しました。

IPythonには、他にも便利な点があります。

[スポンサードリンク]

dir()関数の結果表示が、その一つです。

dir()関数の結果表示の違い

例えば、Excelを操作するOpenPyXLについて調べるには、公式ドキュメントには掲載されていない属性が多数ありますから、dir()関数等の利用が必須です。

標準のインタラクティブシェルの場合

標準のインタラクティブシェル上で、dir()関数を使ってOpenPyXLの識別子を表示させた場合、以下のような状態になります。


>>> import openpyxl
>>> dir(openpyxl)
['DEFUSEDXML', 'LXML', 'NUMPY', 'PANDAS', 'Workbook', '__author__', '__author_email__', '__builtins__', '__cached__', '__doc__', '__file__', '__license__', '__loader__', '__maintainer_email__', '__name__', '__package__', '__path__', '__spec__', '__url__', '__version__', '_constants', 'cell', 'chart', 'chartsheet', 'comments', 'compat', 'constants', 'descriptors', 'drawing', 'formatting', 'formula', 'load_workbook', 'open', 'packaging', 'pivot', 'reader', 'styles', 'utils', 'workbook', 'worksheet', 'writer', 'xml']

IPythonの場合

これに対して、IPythonの場合は以下のとおりです。


In [1]: import openpyxl
In [2]: dir(openpyxl)
Out[2]:
['DEFUSEDXML',
'LXML',
'NUMPY',
'PANDAS',
'Workbook',
'__author__',
'__author_email__',
'__builtins__',
'__cached__',
'__doc__',
'__file__',
'__license__',
'__loader__',
'__maintainer_email__',
'__name__',
'__package__',
'__path__',
'__spec__',
'__url__',
'__version__',
'_constants',
'cell',
'chart',
'chartsheet',
'comments',
'compat',
'constants',
'descriptors',
'drawing',
'formatting',
'formula',
'load_workbook',
'open',
'packaging',
'pivot',
'reader',
'styles',
'utils',
'workbook',
'worksheet',
'writer',
'xml']

一目瞭然、識別子が「,」(カンマ)ごとに改行されて表示されます。

たったこれだけのことですけれど、とても便利だと私は感じています。

最終更新日時:2019-11-15 05:12

[スポンサードリンク]

Home » Python » IPythonの使い方 » IPythonはdir()関数の結果が見やすい

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » IPythonの使い方 » IPythonはdir()関数の結果が見やすい

「IPythonの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.