Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 行・列を表すRange » VBAでアクティブセルの行・列を選択する


VBAでアクティブセルの行・列を選択する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba アクティブセルの行を選択」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

アクティブなセルの、行全体を選択するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

[スポンサードリンク]

Range.EintireRowプロパティでアクティブセルの行全体を選択するサンプルマクロ

以下のようなオブジェクト式で、アクティブなセル全体を選択できます。


Sub アクティブセルの行全体を選択する_EntireRow()
 ActiveCell.EntireRow.Select
End Sub

ActiveCellプロパティで、アクティブなセルを表すRangeオブジェクトを取得して、

VBAでアクティブセルの行・列を選択する

RangeオブジェクトのEinterRowプロパティで、行を表すRangeオブジェクトを取得して、

VBAでアクティブセルの行・列を選択する

RangeオブジェクトのSelectメソッドで選択を行っています。

Rowsプロパティでアクティブセルの行全体を選択するサンプルマクロ

Range.EitireRowプロパティを利用するのが、おススメですが、以下のようなオブジェクト式でもアクティブセルの行全体を選択できます。


Sub アクティブセルの行全体を選択する_Rows()
 Rows(ActiveCell.Row).Select
End Sub

Rowsプロパティの引数に、オブジェクト式・ActiveCell.Rowで取得したアクティブセルの行番号を指定して、行を表すRangeオブジェクトを取得して、

VBAでアクティブセルの行・列を選択する

RangeオブジェクトのSelectメソッドで選択を行っています。

アクティブセルの列全体を選択するサンプルマクロ

アクティブセルの列全体を選択する場合も、考え方は行の場合と同じです。

Range.EntireColumnプロパティを使う例は以下のとおりです。


Sub アクティブセルの行全体を選択する_EntireColumn()
 ActiveCell.EntireColumn.Select
End Sub

Columnsプロパティを使う場合は以下のとおりです。


Sub アクティブセルの行全体を選択する_Columns()
 Columns(ActiveCell.Column).Select
End Sub

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 行・列を表すRange » VBAでアクティブセルの行・列を選択する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 行・列を表すRange » VBAでアクティブセルの行・列を選択する

「行・列を表すRange」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.