Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » Excelインストール直後の環境設定を行うマクロ

Excelインストール直後の環境設定を行うマクロ

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

Excelに限らず、どんなアプリケーションでも、自分好みの設定があるものです。

私の場合、新規ブックのシート枚数は1枚で、[Enter]キーを押したときにアクティブセルは移動せず、セル上書き時の確認メッセージは非表示で、オートコンプリートはOffで、URLを入力したときにハイパーリンクを自動的に設定しないようにします。

必ず設定する項目は、それほど多くはありませんが、仕事柄Excelは2003・2007・2010・2013と複数のバージョンが入っており、全バージョンに対して上記の設定を手作業でやると、ちょっと面倒です。

そのために上記のようなExcelの環境設定を行うマクロを作成して、インストール直後に実行しています。

[スポンサードリンク]

Excelインストール直後の環境設定を行うサンプルマクロ

そんな環境設定用マクロをご紹介しておきます。

Sub Excelの環境設定を行う()
 With Application

' 新規ブックのシート枚数を1枚にする
  .SheetsInNewWorkbook = 1  

' Enter後にアクティブセルを移動しないように
  .MoveAfterReturn = False

' セル上書き時に確認メッセージを表示しないように
  .AlertBeforeOverwriting = False

' オートコンプリートをOffに
  .EnableAutoComplete = False  

' ハイパーリンクを自動的に設定しないように
  .AutoFormatAsYouTypeReplaceHyperlinks = False

 End With
End Sub

ループ処理も条件分岐も何もない、ただ設定項目が並んでいるだけのマクロです。

設定項目が多い方ほど便利なはずです。自分用の環境設定マクロを作ってみてはいかがでしょう。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » Excelインストール直後の環境設定を行うマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » Excelインストール直後の環境設定を行うマクロ

「Applicationオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.