Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » AddInsフォルダのパスを取得する-Application.UserLibraryPathプロパティ


AddInsフォルダのパスを取得する-Application.UserLibraryPathプロパティ

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

Application.TemplatePathプロパティでテンプレートフォルダのパスが、Application.StartupPathプロパティでXLSTARTフォルダのパスが取得できることをご紹介しました。

ExcelのVBA(Visual Basic for Applications)を扱っていると、AddInsフォルダのパスを取得したいということもあります。

[スポンサードリンク]

AddInsフォルダを取得するプロパティも、もちろんあります。


▼AddInsフォルダのパスを取得するVBAのコード
Application.UserLibraryPath

Application.UserLibraryPathプロパティで、AddInsフォルダのパスを取得できます。

「MsgBox Application.UserLibraryPath」
というコードを実行すれば、メッセージボックスにAddInsフォルダのフルパスが表示され、
「shell "explorer " & Application.UserLibraryPath」
というコードを実行すれば、WindowsエクスプローラーでAddInsフォルダを開けます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » AddInsフォルダのパスを取得する-Application.UserLibraryPathプロパティ

TrackBack:1

TrackBack URL
アドインの実体ファイルはどこにあるのか-LibraryPathプロパティ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010 Application.UserLibraryPathプロパティで、AddInsフ...

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » AddInsフォルダのパスを取得する-Application.UserLibraryPathプロパティ

「Applicationオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.