Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » Word VBAのTextFrameとは

詳細はわかりませんが、
「word vba textframe」
という検索キーワードでアクセスがありました。

TextFrameは文字列枠を表すオブジェクトです

拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』の、Lesson 45「TextFrameは文字列枠を表すオブジェクトです」で解説しているのと同様、Word VBAのTextFrameオブジェクトも、図形内に文字列を入力するための枠を表します。

(まったく同じというわけではありませんが)Word VBAのTextFrameにも、PowerPoint VBAのTextFrameと似たプロパティ・メソッドが用意されています。

WordからVBEを表示してオブジェクトブラウザーでTextFrameオブジェクトを選択すれば、

拙著のP.238から確認しているPowerPoint VBAのTextFrameと似たプロパティ・メソッドを持っていることを確認できます。

TextFrameオブジェクトが持つプロパティの一部は、[図形の書式設定]作業ウィンドウ-[文字のオプション]-[レイアウトとプロパティ]で確認・設定できます。

Word VBAのTextFrame.TextRangeはRangeを返す

文字列枠を表すTextFrameオブジェクトの、もっとも重要なプロパティは拙著でも解説しているTextRangeです。

このTextFrame.TextRangeプロパティの戻り値が、PowerPoint VBAとWord VBAとでは異なります。

PowerPoint VBAの場合、TextFrame.TextRangeプロパティはTextRangeオブジェクトを返すのに対し、Word VBAの場合、Rangeオブジェクトを返します。

Word VBAの主要なオブジェクトであるRangeオブジェクトも、結局は文字列範囲を表すオブジェクトですから、PowerPoint VBAのTextRangeオブジェクトと役割としては近いのですが、PowerPoint VBAのTextRangeよりもWord VBAのRangeのほうが多機能です。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » Word VBAのTextFrameとは

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » Word VBAのTextFrameとは

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.