Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の行数・列数を調べるPowerPointマクロ

表の行数・列数を調べるPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

PowerPointのVBAで表の行数・列数を調べる

「powerpoint vba tableの列数 行数」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

詳細は不明ですが、PowerPointのVBA(Visual Basic for Applications)で、表の行数・列数を調べるコードを探している方による検索でしょうか。

この検索キーワードだけでは、何を探していたのか詳しいことがわかりませんので、参考になりそうなマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

アクティブスライド上の表の行数と列数を調べるマクロ

以下のマクロを実行すると、アクティブなスライドに存在する、すべての表の行数・列数を調べられます。


Sub アクティブスライドの表の行数と列数を調べる()
 Dim msg As String
 Dim shp As Shape

 For Each shp In ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes
  msg = ""
  With shp
   If .HasTable = msoTrue Then
    msg = msg & "行数:"
    msg = msg & .Table.Rows.Count & vbCrLf
    msg = msg & "列数:"
    msg = msg & .Table.Columns.Count
    MsgBox msg
   End If
  End With
 Next shp
End Sub

表の存在するスライドがアクティブな状態で、上記のマクロを実行すると、表の行数と列数がメッセージボックスに表示されます。

表が複数存在しているスライドがアクティブな状態で実行したときは、表の数だけメッセージボックスが表示されます。

表の行数・列数を取得するオブジェクトモデル

PowerPointの表(Tableオブジェクト)が、どのオブジェクトに所属しているのかが、難点の一つでしょうか。

Tableオブジェクトは、ShapeオブジェクトやShapeRangeオブジェクトのTableプロパティで取得できるので、

PowerPointのVBAで表の行数・列数を調べる

アクティブスライド上の全Shapeに対してループを回して、
  For Each shp In ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes

個々のShapeのHasTableプロパティを調べて、もしTableがあったのなら、
   With shp
    If .HasTable = msoTrue Then

表の行数と、
     msg = msg & .Table.Rows.Count & vbCrLf

表の列数を取得しています。
     msg = msg & .Table.Columns.Count

最終更新日時:2019-08-20 12:33

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の行数・列数を調べるPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の行数・列数を調べるPowerPointマクロ

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.