Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » 表を作成・挿入するPowerPointマクロ

表を作成・挿入するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「パワーポイント マクロ 表 挿入」
「powerpoint vba 表の挿入」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

表を挿入・作成するPowerPointマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

アクティブスライドに表を作成・挿入するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブなスライドに、5行3列の表を作成することができます。


Sub アクティブなスライドに表を挿入する()

 With ActiveWindow.Selection.SlideRange
  .Shapes.AddTable _
   NumRows:=5, _
   NumColumns:=3
 End With

End Sub

表を作成・挿入するには、ShapesコレクションオブジェクトのAddTableメソッドを利用します。

表を作成・挿入するPowerPointマクロ

既に存在するShapeの中に表を作成するのではなく、Shapesコレクションオブジェクトに表を含んだShapeを追加・挿入するというイメージです。

Shapes.AddTabelメソッドは、挿入された表を含んだShapeオブジェクトを返します。

アクティブなプレゼンテーションファイルの末尾に新規スライドを挿入して表を作成・挿入するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブなプレゼンテーションファイルの末尾に、新規スライドを挿入してその新しく挿入したスライドに5行3列の表を作成することができます。


Sub ファイルの末尾に新規スライドを挿入して表を作成する()

 Dim sld As Slide

 With ActivePresentation.Slides
  Set sld = .Add( _
   Index:=.Count + 1, _
   Layout:=ppLayoutTable)
 End With

 sld.Shapes.AddTable _
  NumRows:=5, _
  NumColumns:=3

End Sub

アクティブなプレゼンテーションファイルの最後にテーブルレイアウトのスライドを挿入します。
 With ActivePresentation.Slides
  Set sld = .Add( _
   Index:=.Count + 1, _
   Layout:=ppLayoutTable)

PowerPoint 2007以降では非表示になっているSlidesコレクションオブジェクトのAddメソッドの、引数・Indexに「ActivePresentation.Slides.Count + 1」を指定することで末尾に挿入されるようにして、引数・LayoutにppLayoutTableを指定しています。

Slides.Addメソッドは挿入されたスライドを表すSlideオブジェクトを返すので、返されたSlideオブジェクトを変数・sldに格納しておいて、その変数・sldを使って、先にご紹介したアクティブスライドに表を挿入するマクロと同様、5行3列の表を挿入しています。
 sld.Shapes.AddTable _
  NumRows:=5, _
  NumColumns:=3

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » 表を作成・挿入するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » 表を作成・挿入するPowerPointマクロ

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.