Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » Excelに表をエクスポートするPowerPointマクロ

Excelに表をエクスポートするPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

たくさんの表の含まれているPowerPointのプレゼンテーションファイルを元に、Excelで資料を作成しようとしている方から、
「PowerPoint上の表をExcelにエクスポートすることはできないのでしょうか?」
といったご質問をいただくことがあります。

PowerPoint上の表の数が少なければ、コピペを頑張るのでしょうが、表の数が2桁になってくると、さすがにイヤになる人が増えます。

PowerPointには、Wordへ出力する機能は存在していますが、残念ながらExcelへの出力機能はありません。

で、VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを作ってみました。

[スポンサードリンク]

すべての表をExcelに出力するサンプルマクロ

こういったアプリケーションの連携をするようなマクロは、細かな要望がいろいろと出てくるのですが、もっとも基本的なマクロをご紹介しておきます。


Sub ファイル内の表をExcelに出力する()
 Dim sld As Slide
 Dim shp As Shape
 Dim r As Long 'PowerPointの表の行番号
 Dim c As Long 'PowerPointの表の列番号
 Dim xl_app As Object
 Dim xl_wbk As Object
 Dim xl_row As Long 'Excelの出力先行番号

 Set xl_app = CreateObject("Excel.Application")
 xl_app.Visible = True
 Set xl_wbk = xl_app.Workbooks.Add

 xl_row = 1

 For Each sld In ActivePresentation.Slides
 For Each shp In sld.Shapes
  If shp.HasTable Then
  With shp.Table

   For r = 1 To .Rows.Count
    For c = 1 To .Columns.Count
     xl_wbk.Worksheets(1).Cells(xl_row, c).Value = _
      .Cell(r, c).Shape.TextFrame.TextRange
    Next c
    xl_row = xl_row + 1
   Next r
   xl_row = xl_row + 1

  End With
  End If
 Next shp
 Next sld

 Set xl_wbk = Nothing
 Set xl_app = Nothing
End Sub

上記のマクロを実行すると、新規のExcelブックに、アクティブなプレゼンテーションファイル上の表がすべて出力されます。

サンプルマクロの解説

まず、ExcelをCreateObjectして、
 Set xl_app = CreateObject("Excel.Application")

Excelを表示し、
 xl_app.Visible = True

新規ブックを作成します。
 Set xl_wbk = xl_app.Workbooks.Add

表の出力先を指定する変数を初期化し、
 xl_row = 1

アクティブなプレゼンテーションファイルの、全Slideにループを回し、
 For Each sld In ActivePresentation.Slides

個々のスライド内の全Shapeにループを回し、
 For Each shp In sld.Shapes

Shape内に表が存在していたなら、
  If shp.HasTable Then

表の、
  With shp.Table

すべての行にループを回し、
   For r = 1 To .Rows.Count

行方向のループの中で、すべての列にループを回して、
    For c = 1 To .Columns.Count

先に作成しておいた、新規のExcelブックの1枚目のワークシートに、
     xl_wbk.Worksheets(1).Cells(xl_row, c).Value = _

PowerPointの表のセルの文字列を出力していきます。
      .Cell(r, c).Shape.TextFrame.TextRange

列のループが終わったところで、出力先行番号を格納する変数・xl_rowをインクリメントし、
    Next c
    xl_row = xl_row + 1

表と表の間には空白行を入れておきたいので、一つの表の行方向のループが全部終わったところでも、xl_rowをインクリメントしています。
   Next r
   xl_row = xl_row + 1

決して複雑なことをしているわけではありませんが、PowerPointでは、Shapeの中にTableがあって、Tableの個々のCellにまたShapeが存在している、という階層の深さがポイントです。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » Excelに表をエクスポートするPowerPointマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
Wordに表をエクスポートするPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
Word(ワード)ファイルに、アクティブなプレゼンテーションファイル上のすべての表をエクスポートするPowerPoint(パワーポイント)マクロをご紹介し...

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 表・テーブル » Excelに表をエクスポートするPowerPointマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.