Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » プレースホルダー » VBAでタイトルプレースホルダーに文字列を入力する

VBAでタイトルプレースホルダーに文字列を入力する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit PowerPoint(バージョン1912 ビルド12325.20344 Microsoft Store)

「PowerPoint マクロ タイトルプレースホルダに文字を入力」
という検索キーワードで、このサイトへのアクセスがありました。

タイトルプレースホルダーに文字列を入力するサンプル

先頭スライドにタイトルプレースホルダーの存在する存在するプレゼンテーションがアクティブな状態で、以下のSubプロシージャを実行してください。
Sub タイトルプレースホルダーに文字列を入力する()
 ActivePresentation.Slides(1).Shapes.Title.TextFrame.TextRange.Text = _
   "サンプル"
End Sub

先頭スライドのタイトルプレースホルダーに、文字列「サンプル」が入力されます。

拙著『いちばんやさしいPowrerPoint VBAの教本』では、Lesson 53「タイトルプレースホルダーを取得するコードを理解しましょう」で、タイトルプレースホルダーの文字列を取得するコードを解説しています。

同じコード「ActivePresentation.Slides(1).Shapes.Title.TextFrame.TextRange.Text」で、文字列の設定(入力)もできます。

タイトルプレースホルダーに文字列を入力するコードについて

とりあえずタイトルプレースホルダーに文字列を入力するコードだけが知りたかったのであれば、上記のコードを利用していただければイイでしょう。

コード「ActivePresentation.Slides(1).Shapes.Title.TextFrame.TextRange.Text」を、ちゃんと理解したいという方は、この記事を参考に拙著もどうぞご確認ください。

TextRange.Textは設定も可能なプロパティ

文字列範囲を表すTextRangeオブジェクトのTextプロパティは、Lesson 47「TextFrameとTextRangeをオブジェクトブラウザーで確認しましょう」で解説しているとおり、オブジェクトブラウザーの詳細ペインに「読み取り専用」表示がない、設定も可能なプロパティですから、上記のとおり代入文で設定(文字列の入力)もできます。

すべてのプロパティでデータを設定できるわけではないことをご存知ない方は、Lesson 08「オブジェクトとオブジェクトに対する指示の概要を確認しましょう」をお読みください。

コード「ActivePresentation.Slides(1).Shapes.Title」について

上記のSubプロシージャで利用している、タイトルプレースホルダーを表すShapeオブジェクトを取得するコード「ActivePresentation.Slides(1).Shapes.Title」については、以下のLessonを参照してください。

ActivePresentationプロパティ

Lesson 13「ActivePresentationから学習を始めましょう」
Lesson 16「Presentationオブジェクトをオブジェクトブラウザーで確認しましょう」

PresentationオブジェクトのSlidesプロパティ

Lesson 21「スライドを表すオブジェクトのイメージをつかみましょう」
Lesson 22「全スライドを表すSlidesについて学習しましょう」
Lesson 24「Slidesコレクションをオブジェクトブラウザーで確認しましょう」

SlidesコレクションのItemメソッド

Lesson 23「SlidesからSlideを取得するコードを理解しましょう」
Lesson 24「Slidesコレクションをオブジェクトブラウザーで確認しましょう」

SlideオブジェクトのShapesプロパティ

Lesson 30「図形を表すオブジェクトのイメージをつかみましょう」
Lesson 31「全図形を表すShapesについて学習しましょう」
Lesson 33「Shapesコレクションをオブジェクトブラウザーで確認しましょう」

ShapesコレクションのTitleプロパティ

Lesson 53「タイトルプレースホルダーを取得するコードを理解しましょう」

コード「.TextFrame.TextRange.Text」について

Shapeオブジェクトの文字列を取得・設定するコード「.TextFrame.TextRange.Text」の部分は、以下のLessonを参照してください。

Lesson 44「文字列を取得するコードを見ておきましょう」
Lesson 45「TextFrameは文字列枠を表すオブジェクトです」
Lesson 46「TextRangeは文字列範囲を表すオブジェクトです」
Lesson 47「TextFrameとTextRangeをオブジェクトブラウザーで確認しましょう」

最終更新日時:2020-04-03 01:36

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » プレースホルダー » VBAでタイトルプレースホルダーに文字列を入力する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » プレースホルダー » VBAでタイトルプレースホルダーに文字列を入力する

「プレースホルダー」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.