Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでActiveChartは?

対象:PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

PowerPoint VBAでActiveChartは?

「VBA パワポ activechart」
という検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスがありました。

PowerPoint VBAで、アクティブなグラフを操作するコードを探していた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

PowerPoint VBAにActiveChartプロパティはない

まず申し上げなければならないのは、PowerPoint VBAに「ActiveChart」といった名前のプロパティは、存在しないという事実です。

オブジェクトブラウザーで「activechart」を検索しても、下図のとおり「該当項目が見つかりません。」と表示されるだけです。

オブジェクトブラウザー:activechart

仮に「active」をあいまい検索してみても、下図のとおりそれらしきプロパティ等は見当たりません。

オブジェクトブラウザー:active

Excel VBAの場合はアクティブになっているオブジェクトを取得する「ActiveCell」「ActiveChart」「ActiveSheet」といったプロパティが、いくつも用意されているのとは異なります。

Excel VBA オブジェクトブラウザー:active

PowerPointでアクティブなグラフを操作するサンプルマクロ

PowerPoint VBAの場合は、以下のように「ActiveWindow.Selection.ShapeRange(1).Chart」といったオブジェクトを取得するコード(オブジェクト式)で、アクティブなグラフを操作できるようになります。


Sub アクティブなグラフを表すChartの取得()
 On Error GoTo ErrHndl
 Dim cht As Chart
 Set cht = ActiveWindow.Selection.ShapeRange(1).Chart
 Stop
 Exit Sub

ErrHndl:
 MsgBox "グラフを選択してから実行してください。"
End Sub

PowerPoint上のグラフを選択しておいて、上記のSubプロシージャを実行するとアクティブなグラフを表すChartオブジェクトへの参照がオブジェクト変数chtに代入されます。

この状態でローカルウィンドウを表示すれば、

ローカルウィンドウ

オブジェクト変数chtからどのようなデータやオブジェクトを操作できるかヒントを得られるはずです。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでActiveChartは?

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでActiveChartは?

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.