Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルのフィルターを設定する

VBAでピボットテーブルのフィルターを設定する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「ピボットテーブル フィルタ選択 マクロ」
といった検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。

VBAでピボットテーブルのフィルターを設定するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

何を求めていたのか、複数の解釈ができる検索ですが、以下のようなピボットテーブルで、

VBAでピボットテーブルのフィルターを設定する

下図のようなフィルターを設定するマクロをご紹介しておきます。

VBAでピボットテーブルのフィルターを設定する

[スポンサードリンク]

フィルターを設定するサンプルマクロ

電卓と紙の代わりに過ぎないSUMIF関数よりもピボットテーブルをおすすめしている記事でご紹介している、下図のようなワークシートがアクティブな状態で、

VBAでピボットテーブルのフィルターを設定する

以下のSubプロシージャを実行すると「交通費」だけでフィルターが設定されます。


Sub フィルターを設定する()
 Dim itm As PivotItem

 For Each itm In ActiveSheet.PivotTables(1).PivotFields("科目").PivotItems
  Select Case itm.Value
   Case "交通費"
    itm.Visible = True
   Case Else
    itm.Visible = False
  End Select
 Next itm
End Sub

複数アイテムでフィルターを設定する場合

「ピボットテーブル フィルター複数選択 マクロ」
という検索も行われていました。

その場合は、
  Select Case itm.Value
   Case "交通費"
を、
  Select Case itm.Value
   Case "交通費", "出張手当"
としてやると、「交通費」または「出張手当」でフィルターが設定されます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルのフィルターを設定する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルのフィルターを設定する

「ピボットテーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.