Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba ピボットテーブル クリア」
「vba ピボットテーブル初期化」
「エクセルマクロ ピボットテーブル 初期化」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、ピボットテーブルのクリア・初期化を行って、下図のようにフィールドが配置されていない、

VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

まっさらなピボットテーブルにするためには、どのようなコードを書けばいいのか調べていた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

ピボットテーブルをクリア・初期化するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブシート上のすべてのピボットテーブルを初期化することができます。


Sub ピボットテーブルを初期化する()

 Dim pvt As PivotTable

 For Each pvt In ActiveSheet.PivotTables
  pvt.ClearTable
 Next pvt

End Sub

PivotTableオブジェクトのClearTableメソッドを、

VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

For Each~Nextループの中で実行しているマクロです。

すべてクリアをマクロ記録してみましょう

ちなみに、ピボットテーブルのクリア・初期化を行う操作は以下のとおりです。


▼操作方法:ピボットテーブルを初期化する
[ピボットテーブルツール]
 -[分析]タブ
  -[アクション]グループ
   -[クリア]
    -[すべてクリア]を実行する

VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

この操作をマクロ記録すると、


 ActiveSheet.PivotTables("ピボットテーブル1").ClearTable

といったコードができます。

先のマクロは、このコードを流用しているだけです。

ピボットテーブルを新しく作成する操作をマクロ記録すると、かなり難解なコードができてしまいますが、ピボットテーブルを作ってしまったあとの操作をマクロ記録した場合には、シンプルなコードが作られることも多いので、是非マクロ記録機能も活用しましょう。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

「ピボットテーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.