Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルの総計を非表示に

VBAでピボットテーブルの総計を非表示に

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「マクロ ピボット 総計 なし」
「マクロ ピボットテーブル 総計の削除」
「vba ピボット 総計を表示しない」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excelマクロ・VBAで、ピボットテーブルの総計欄を表示させないようにするには、どのようなコードを書けばいいのか探している方による検索です。

VBAでピボットテーブルの総計を非表示に

ちなみに最近のExcelでは、上図のような[ピボットテーブルツール]-[デザイン]タブ-[レイアウト]グループ-[総計]ボタンから、総計の表示状態を切り替えられます。
[スポンサードリンク]

ピボットテーブルの総計を非表示にするサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブシート上の一つ目のピボットテーブルの総計を非表示にできます。


Sub ピボットテーブルの総計を非表示に()
 With ActiveSheet.PivotTables(1)
  .ColumnGrand = False
  .RowGrand = False
 End With
End Sub

いずれもBoolean(TrueかFalse)を指定できる、PivotTableオブジェクトの、ColumnGrandプロパティとRowGrandプロパティで、総計を表示するか非表示にするかを指定できます。

名前のとおりPivotTable.ColumnGrandが列の総計、PivotTable.RowGrandが行の総計です。

ピボットテーブルの総計表示を切り替えるサンプルマクロ

以下のようなマクロにすれば、アクティブシート上の一つ目のピボットテーブルの総計を表示したり、非表示にしたりすることができます。


Sub ピボットテーブルの総計表示を切り替える()
 With ActiveSheet.PivotTables(1)
  .ColumnGrand = Not .ColumnGrand
  .RowGrand = Not .RowGrand
 End With
End Sub

Not演算子を使って、TrueだったらFalseに、FalseだったらTrueに切り替えることで、表示・非表示を切り替えています。

最終更新日時:2018-11-23 06:44

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルの総計を非表示に

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ピボットテーブル » VBAでピボットテーブルの総計を非表示に

「ピボットテーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.