Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » Ovalsを削除する

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

アクセスログを眺めていて、
「msn excel vba ovals 図形の丸の消去」
という検索キーワードに気づきました。

Ovals(楕円)を削除する、Excel VBAのコードについて調べていた方による検索です。

Ovalsを削除するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブシートの楕円がすべて削除されます。


Sub Ovalsを削除する_アクティブシート()
 ActiveSheet.Ovals.Delete
End Sub

以下のSubプロシージャを実行すれば、アクティブブックの全シートの楕円が削除されます。


Sub Ovalsを削除する_全シート()
 Dim sh As Object
 For Each sh In Sheets
  sh.Ovals.Delete
 Next sh
End Sub

Ovalsオブジェクトとは

コードとしては、わかってしまえば難しくはないでしょう。

[スポンサードリンク]

ただし、シート上の楕円を表すOvalsオブジェクトは、四角形を表すRectanglesコレクションオブジェクトと同様に、レガシーなDrawingObjects系のオブジェクトで、使うのならコードの意味をしっかり確認しておきましょう。

Ovalsをオブジェクトブラウザーで確認する

Ovalsオブジェクトは、オブジェクトブラウザーでは非表示になっていますから、確認するにはオブジェクトブラウザーで右クリックして表示されるショートカットメニューで[非表示のメンバーを表示]をOnにしましょう。

オブジェクトブラウザー[非表示のメンバーを表示]

Ovalsオブジェクトは、
Ovalオブジェクトを単独のオブジェクトとして持つ、コレクションオブジェクトですが、Deleteメソッドも用意されています。

Ovals.Deleteメソッド

戻りがObjectと定義されているWorksheetオブジェクトのOvalsメソッドですが、実行するとOvalsコレクションオブジェクトを取得できます。

Worksheet.Ovalsメソッド

Ovalsをローカルウィンドウで確認する

Woksheet.Ovalsメソッドが、Ovalオブジェクトを単独のオブジェクトとして持つ、Ovalsコレクションオブジェクトを返すことは、簡単なプロシージャを作成して、ローカルウィンドウでオブジェクト変数を覗くことで確認できます。

Ovalsメソッドの戻りをローカルウィンドウで確認

上図はOvalが2つ存在するシートがアクティブな状態でステップ実行したところです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » Ovalsを削除する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » Ovalsを削除する

「DrawingObjectsオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.