Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » 選択されている図形の名前を取得するマクロ

選択されている図形の名前を取得するマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba 選択されている図形の名前を取得」
「選択されている図形の名前を取得するexceltマクロ」
といった検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスがありました。

「excel 選択図形名称抽出 vba」
という検索キーワードも同じく、選択されている図形の名前を取得するExcel VBAのコードを探していらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

選択されている図形の名前を取得するサンプルマクロ

図形を選択しておいてから以下のSubプロシージャを実行すると、図形の名前がイミディエイトウィンドウに出力されます。

Sub 選択図形の名前を取得する()
On Error GoTo ErrHandl

 Dim shp As Shape
 For Each shp In Selection.ShapeRange
  Debug.Print shp.Name
 Next

Exit Sub
ErrHandl:
 MsgBox "図形が選択されていません。"
End Sub

サンプルマクロで行っている処理

選択されている図形は「Selection.ShapeRange」というオブジェクト式で取得できますから、選択されている図形を表すShapeRangeコレクションオブジェクトに対して、For Each~Nextループを回して、
  For Each shp In Selection.ShapeRange

For Each~Nextループの中で、Shapeの名前をイミディエイトウィンドウに出力しています。
   Debug.Print shp.Name

図形が選択されていないときに「Selection.ShapeRange」が実行されると実行時エラーが発生するので、
  On Error GoTo ErrHandl
  ErrHandl:
   MsgBox "図形が選択されていません。"
とエラートラップを入れています。

最終更新日時:2020-05-31 17:38

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » 選択されている図形の名前を取得するマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » 選択されている図形の名前を取得するマクロ

「DrawingObjectsオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.