Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » Rectangleに数式を

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

Rectangle.Formulaプロパティ

「エクセル rectangle 数式」
「エクセル rectangle 値 セル」
といった検索キーワードでアクセスがあることに気づきました。

Excelでは図形を選択しておいてから、数式バーから「=」を入力してセルを選択すると、指定されたセルの値を図形に表示させることができます。

[スポンサードリンク]

これをVBAから行うには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらした方による検索でしょうか。

Rectangleにセルを参照する数式を入力するサンプルマクロ

参考になりそうなシンプルなSubプロシージャをご紹介しておきます。


Sub Rectangleに数式を入力()
 ActiveSheet.Rectangles(1).Formula = "=A1"
End Sub

四角形の存在するワークシートがアクティブな状態で上記のSubプロシージャを実行すると、1つ目の四角形に「=A1」というA1セルを参照する数式が入力されます。

RectangleオブジェクトのFormulaプロパティ

初期状態では非表示になっているRectangleオブジェクトには、Formulaプロパティが用意されています。

Rectangle.Formulaプロパティ

このRectangle.Formulaプロパティに、数式を文字列として指定すれば、四角形にセルを参照する数式を入力できます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » Rectangleに数式を

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjectsオブジェクト » Rectangleに数式を

「DrawingObjectsオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.