Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » セクション名一覧を取得するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2010

PowerPoint 2010のセクションについてご紹介しました。

便利な機能なのですが、新しく追加されたばかりであるため、PowerPointに用意されているコマンドでは物足りないこともあります。

私の場合、挿入されているセクション名の一覧が欲しいという場面がありました。

[スポンサードリンク]

セクション名をイミディエイトウィンドウに出力するサンプルマクロ

そのためのマクロを作りましたので、ご紹介しておきます。


Sub セクション名一覧を取得する()
 Dim i As Long 
 With ActivePresentation.SectionProperties 
  For i = 1 To .Count
   Debug.Print .Name(i)
  Next i
 End With
End Sub

上記のマクロを実行すると、イミディエイトウィンドウに、セクション名が一覧になって出力されます。

SectionProperties.Nameメソッドでセクション名を取得できる

SectionPropertiesオブジェクトに用意されているNameメソッドで、セクションの名前を取得できます。

Nameは一般にプロパティとして定義されていることが多いのですが、SectionPropertiesはちょっと特殊なオブジェクトであるため、Nameメソッドです。

なお、セクションはPowerPoint 2010から使えるようになった機能ですから、PowerPoint 2007などで上記のマクロを実行した場合は、当然エラーとなります。

最終更新日時:2019-03-13 08:15

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » セクション名一覧を取得するPowerPointマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
スライド番号からセクション名を取得する from インストラクターのネタ帳
PowerPoint(パワーポイント)で、スライド番号からセクション名を取得するVBAのコードをご紹介しています。

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » セクション名一覧を取得するPowerPointマクロ

「パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.