Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » Bordersプロパティに指定できるXlBordersIndex定数一覧

Bordersプロパティに指定できるXlBordersIndex定数一覧

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Exce VBAで罫線を引く位置を指定するためには、XlBordersIndex列挙に定義された定数を指定します。

これに関して、ヘルプには以下のような記述があります。

使用できる定数は、XlBordersIndex クラスの定数 xlDiagonalDown、xlDiagonalUp、xlEdgeBottom、xlEdgeLeft、xlEdgeRight、xlEdgeTop、xlInsideHorizontal、xlInsideVertical のいずれかです。
[スポンサードリンク]

XlBordersIndex列挙に定義されている定数一覧

どの部分の罫線なのか、名前から推測できるものもあれば、わかりにくいものもありますので、一覧にまとめておきます。

定数 位置
xlDiagonalDown 5 個々のセルの右下がり斜線
xlDiagonalUp 6 個々のセルの右上がり斜線
xlEdgeLeft 7 セル範囲の最左端
xlEdgeTop 8 セル範囲の最上端
xlEdgeBottom 9 セル範囲の最下端
xlEdgeRight 10 セル範囲の最右端
xlInsideVertical 11 セル範囲の左右端以外の垂直境界線
xlInsideHorizontal 12 セル範囲の上下端以外の水平境界線

サンプルマクロ

実際にマクロを実行してみる方が、それぞれが何を意味しているかわかりやすいと思います。

選択範囲に罫線を引くだけの、「SampBorders_xlxxxx」といった名称の8個のマクロを含むサンプルファイルを作成しましたので、興味のある方は試してみてください。

▼サンプルファイル(001710.xls 41KByte)ダウンロード

なお、xlInsideHorizontalの仕様上、「SampBorders_xlInsideHorizontal」マクロは、必ず複数の行を選択してから実行してください。同様に、「SampBorders_xlInsideVertical」は、必ず複数列を選択してから実行してください。

それぞれ単一行・単一列が選択された状態で、「xlInsideHorizontal」「xlInsideVertical」を指定すると、境界線が存在しないためにエラーが発生するためです。(サンプルファイル:001710.xlsでは「On Error Resume Next」ステートメントでエラーを無視しています。)

最終更新日時:2018-10-26 16:19

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » Bordersプロパティに指定できるXlBordersIndex定数一覧

TrackBack:4

TrackBack URL
斜め線をVBAでクリアする-Borders(xlDiagonalDown)・Borders(xlDiagonalUp) from インストラクターのネタ帳
セル罫線の斜め線を削除するExcel(エクセル)マクロをご紹介しています。
セル範囲の内側にVBAで罫線を引く-Borders(xlInsideVertical)・Borders(xlInsideHorizontal) from インストラクターのネタ帳
Borders(xlInsideVertical)・Borders(xlInsideHorizontal)というオブジェクト式で内側罫線を表すBorder...
条件付き書式設定済みのセルを目立たせるExcelマクロ from インストラクターのネタ帳
条件付き書式設定済みのセルに斜め罫線を入れて目立たせるExcel(エクセル)マクロをご紹介しています。
BorderAroundで引いた外枠罫線だけを消す from インストラクターのネタ帳
Range.BorderAroundメソッドで引いた外枠罫線だけを消すExcelマクロをご紹介しています。

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » Bordersプロパティに指定できるXlBordersIndex定数一覧

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.