Home » ネット関連のネタ » OE・Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方 » 迷惑メール対応−送信者の禁止

対象:Outlook Express 6

OE(Outlook Express)で、迷惑メール対策のルール設定する方法をご紹介しました。

最近の迷惑メールのタイトルは非常に巧妙になっていますから、タイトルで判断して削除するという方法だけでは対応しきれないのが実情です。

[スポンサードリンク]

ちなみに最近私のところに来た迷惑メールのタイトルには以下のようなものがありました。

「【#】(半、全角OK)」
「※10月23日より配信」
「いきなりすみません!」
「今から授業始めます★」
「今平気ですか?」
「依頼メール」
「お忙しい所申し訳有りません」
「お疲れさまです。」
「お久しぶりです」
「お待たせしました。」
「確認お願いします。(藤田より)」
「管理人からのお知らせ(重要)です。」
「月給と考えています。」
「ご挨拶」
「ご協力をお願いします。」
「ご連絡させて頂きました。」
「再度の確認ページ」
「沢井です」
「仕事しすぎないで!」
「知ってください」
「10時間後解除となります。」
「情報漏洩です」
「新規一件が入りました。」
「すぐに電話もらえませんか?」
「先日メールした件です」
「直接繋げる準備ができました。」
「伝言有りました。」
「・・・ということです。」
「入金致します」
「認証されましたので・・・」
「履歴の確認をお願いします。」
「渡辺ですが」

これではタイトルで判断することは難しいです。

しかしよくまあ巧妙なタイトルを考えるものです。普通のメールマーケティングみたいなことをやっても、いい仕事する人がいるんじゃないかと思ってしまいます。

迷惑メールの削除と、その送信者からのメールを自動的に削除する設定を一緒に行いましょう。


▼操作手順:送信者でメールをフィルタリングする
禁止したいメールを選択
 ↓
メニュー[メッセージ]−[送信者を禁止する]をクリック
 ↓
「'xxx@xxx.xx'が禁止されたユーザーの一覧に追加されました。この送信者からのメッセージは、今後自動的にフィルタで処理されます。現在のフォルダからも、このユーザーのメッセージを削除しますか?」メッセージで[はい]ボタンをクリック

上記の操作をすれば、以後そのメールアドレスからのメールは自動的に削除されるようになります。

[スポンサードリンク]

Home » ネット関連のネタ » OE・Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方 » 迷惑メール対応−送信者の禁止

TrackBack:1

TrackBack URL
誤って送信者を禁止してしまった from インストラクターのネタ帳
対象:Outlook Express 6 OE(Outlook Express)で、送信者を禁止する方法をご紹介しました。 今や必須と言える機能ですが、たくさんの迷惑メール・スパムメールが来ている場合に、[送信者の禁止]をしていると、勢いあまって禁止する必要のない送信者を禁止してしまう...

Home » ネット関連のネタ » OE・Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方 » 迷惑メール対応−送信者の禁止

「OE・Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.