Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Windowオブジェクト » アウトライン表示にしてレベル1まで表示するAutoOpenマクロ

アウトライン表示にしてレベル1まで表示するAutoOpenマクロ

対象:Word2010, Word2013, Windows版Word2016

最近、Wordのアウトライン表示をフル活用しています。

私の場合、Word起動時にはアウトライン表示になって、アウトラインレベル1まで表示してくれ、リボンも最小化されているほうが、作業しやすく感じています。

そのような表示状態に変更する、WordのAutoOpenマクロを作りましたので、ご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

アウトライン表示にしてレベル1まで表示するサンプルマクロ

以下のようなAutoOpenマクロを、Normalテンプレートやアドインテンプレートに作成しておくと、Word文書が開かれたときにアウトライン表示になって、アウトラインレベル1までの表示になり、リボンが最小化された状態になります。


Sub AutoOpen()
' 表示状態の変更
 With ActiveWindow
  .View = wdOutlineView
  .View.ShowHeading Level:=1
 End With
' リボンの最小化
 With Application.CommandBars
  If Not .GetPressedMso("MinimizeRibbon") Then
   .ExecuteMso "MinimizeRibbon"
  End If
 End With
End Sub

上記のマクロで、レベル1までが表示された状態から、[Alt]+[Shift]+数字キーで下位のレベルまでの表示にしたり、展開したい段落にカーソルを置いてショートカットキー[Alt]+[Shift]+[+]で下のレベルまで表示したり、といった操作を私はよく行っています。

サンプルマクロの解説

1つ目のWithステートメント内で、WindowオブジェクトのViewプロパティにwdOutlineViewを指定してアウトライン表示にして、
  With ActiveWindow
   .View = wdOutlineView

ViewオブジェクトのShowHeadingメソッドで、レベル1までの表示を設定しています。
   .View.ShowHeading Level:=1

2つ目のWithステートメント内では、リボンが最小化されていなければ、
  With Application.CommandBars
   If Not .GetPressedMso("MinimizeRibbon") Then

最小化・折りたたみを実行しています。
    .ExecuteMso "MinimizeRibbon"

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Windowオブジェクト » アウトライン表示にしてレベル1まで表示するAutoOpenマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Windowオブジェクト » アウトライン表示にしてレベル1まで表示するAutoOpenマクロ

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.