Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Windowオブジェクト » Word VBAでウィンドウを最大化する

Word VBAでウィンドウを最大化する

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

ウィンドウを最大化するWordマクロ

このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスログを眺めていて、
「ms word vba 最大化」
という検索キーワードでのアクセスに気づきましたので、そんなWordマクロを作ってみました。

[スポンサードリンク]

Wordのウィンドウを最大化するサンプルマクロ

以下のWordマクロを実行すると、Wordのウィンドウが最大化されます。
Sub ウィンドウを最大化する()
 Application.WindowState = wdWindowStateMaximize
End Sub

Word.ApplicationオブジェクトのWindowStateプロパティに、定数・wdWindowStateMaximizeを指定すれば、Wordウィンドウが最大化されます。

どうやってApplication.WindowStateプロパティをみつけたか

コードとしてはとても簡単ですが、ApplicationオブジェクトのWindowStateプロパティを覚えていたわけでもない私が、このコードをどうやって作ったかのほうが、はるかに重要な話でしょう。

オブジェクトブラウザーでmaxを検索

まず「最大化」ということですから、「max」というキーワードを含んだ名前のメソッドか定数があるのではないかと想像して、オブジェクトブラウザーで「max」というキーワードを、私は検索しました。

検索結果を眺めると、

ウィンドウを最大化するWordマクロ

WdWindowState列挙に、wdWindowStateMaximizeという名前の
「ms word vba 最大化」
に関係しそうな定数があることに気づきました。

オブジェクトブラウザーでWindowStateを検索

ということは、列挙名の一部である「WindowState」という名前のプロパティがある可能性が高いと考え、オブジェクトブラウザーで「windowstate」を検索してみると、

ウィンドウを最大化するWordマクロ

予想どおりApplicationオブジェクトに、
「ms word vba 最大化」
に使えそうな、WindowStateプロパティがあったというわけです。

最終更新日時:2020-04-26 09:14

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Windowオブジェクト » Word VBAでウィンドウを最大化する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Windowオブジェクト » Word VBAでウィンドウを最大化する

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.