Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » Workbooks.Addで作成したブックはどこに?

Workbooks.Addで作成したブックはどこに?

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル vba set workbooks.add どこに」
「エクセル vba workbooks.add どこに作成」
「workbooks.add 新しいファイルはどこに作成される」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Workbooks.Addメソッドを使うと、

Workbooks.Addで作成したブックはどこに?

Excel VBAで、新規ブックを作成できます。

この新しく作成したばかりのブックが、どこのあるのかを調べていた方による検索キーワードです。

[スポンサードリンク]

ブックを新規に作成して保存するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、新規にブックが作成されて、「C:\TEMP」フォルダーに「samp.xlsx」という名前で保存されます。


Sub ブックを新規に作成して保存する()
 Dim bk As Workbook

 Set bk = Workbooks.Add
 bk.SaveAs "C:\TEMP\samp.xlsx"
End Sub

Workbooks.Addメソッドだけではファイルとして実在しない

(Excel VBAではなく)Excelで新規ブックを作成したとき、作成したばかりのブックは、Windowsが管理するファイルとしてはまだ実在しません。

名前を付けて保存を実行して、はじめてエクスプローラー上に表示されるファイルとして存在します。

Workbooks.Addメソッドも、同じです。
Workbooks.Addメソッドを実行した時点で、ブックは作られますが、これはメモリー上に存在するだけで、ファイルとしては存在していません。

上記のプロシージャのように保存をすることで、ファイルとして存在するようになります。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » Workbooks.Addで作成したブックはどこに?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » Workbooks.Addで作成したブックはどこに?

「Workbookオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.