Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » Workbooksコレクションオブジェクトのプロパティ一覧


Workbooksコレクションオブジェクトのプロパティ一覧

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

「workbooks プロパティ 一覧」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Workbooksコレクションオブジェクトのプロパティ一覧を探している方による検索でしょうか。

こういった検索をする方の場合、
 Workbooksコレクションオブジェクトと
 Workbooksプロパティの区別ができていない
あるいは
 Workbooksコレクションオブジェクトと
 Workbookオブジェクトの区別がついていない
可能性もありますが、とりあえず、Workbooksコレクションオブジェクトのプロパティを一覧にしておきます。

[スポンサードリンク]

といっても、Workbooksコレクションオブジェクトのプロパティは、それほどありません。


他にも隠しプロパティがいくつかありますが、Workbooksオブジェクトのプロパティは上記の5つです。

以下のようなコードを実行してから、
 With Workbooks
  MsgBox .Application
  MsgBox .Count
  MsgBox .Creator
  MsgBox .Item(1).Name
  MsgBox .Parent
 End With
MSDNのヘルプをご覧いただくと、理解しやすいんじゃないでしょうか。

詳細はヘルプをご覧いただくとして、よく使われるのは、CountプロパティとItemプロパティです。

Countプロパティはコレクションに含まれるオブジェクトの個数を返すプロパティです。

Itemプロパティは引数を指定する必要があり、指定された引数に該当する、単一のWorkbookオブジェクトを返すプロパティです。

複数のブックを開いた状態で、以下のようなコードを実行すると、Countプロパティ・Itemプロパティの意味がわかるでしょうか。
 Dim i As Long
 For i = 1 To Workbooks.Count
  MsgBox Workbooks.Item(i).Name
 Next i

なお、一般的にはItemプロパティは省略されて
 Dim i As Long
 For i = 1 To Workbooks.Count
  MsgBox Workbooks(i).Name
 Next i
のように書かれることがほとんどです。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » Workbooksコレクションオブジェクトのプロパティ一覧

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » Workbooksコレクションオブジェクトのプロパティ一覧

「Workbookオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.