Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » ActiveWorkbook.Saveの戻り値は?

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

ActiveWorkbook.Saveの戻り値は?

「vba activeworkbook.save 戻り値」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、「ActiveWorkbook.Save」というオブジェクト式が、何を返すのか、戻りが何なのかを調べている方による検索です。

「ActiveWorkbook.Save」というオブジェクト式を、順番に確認しましょう。

[スポンサードリンク]

ActiveWorkbookプロパティはWorkbookオブジェクトを返す

オブジェクトブラウザーを確認するとわかるとおり、ActiveWorkbookは、Workbookオブジェクトを返すプロパティです。

ActiveWorkbook.Saveの戻り値は?

ちなみに、ActiveWorkbookはグローバルメンバーですから、上位のオブジェクト式を書かずに、いきなり「ActiveWorkbook」と書き始めることができます。

Workbook.Saveメソッドは何も返さない

ActiveWorkbookプロパティがWorkbookオブジェクトを返すので、「ActiveWorkbook.Save」というオブジェクト式は、WorkbookオブジェクトのSaveメソッドを実行していることになります。

Workbook.Saveメソッドをオブジェクトブラウザーで確認すると、Subプロシージャタイプのメソッドですから、何も返しません。

ActiveWorkbook.Saveの戻り値は?

「vba activeworkbook.save 戻り値」
という検索キーワードに答えるとしたら、戻り値は、ない、です。

Excel VBAのメソッドには3種類ある

ちなみに、Excel VBAのメソッドには、以下の3種類があります。

  • オブジェクトを返すメソッド
  • データを返すメソッド
  • 何も返さないメソッド

WorkbookオブジェクトのSaveメソッドは、このうちの何も返さないタイプのメソッドです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » ActiveWorkbook.Saveの戻り値は?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » ActiveWorkbook.Saveの戻り値は?

「Workbookオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.