Home » Excel(エクセル)の使い方 » 描画オブジェクト » Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを


Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを

対象:Excel2007, Excel2010

「エクセル2010 オブジェクトの選択 ショートカット」
という検索が行われていました。

Excel 2007・2010では、[ホーム]タブ-[編集]グループ-[検索と選択]内に[オブジェクトの選択]コマンドが用意されています。

[ホーム]タブ-[編集]グループ-[検索と選択]-[オブジェクトの選択]をクリックすると、マウスポインタの形状が、白い矢印状態に変化し、オブジェクトの選択が行いやすくなります。

先の検索はこの[オブジェクトの選択]を頻繁に利用している方による検索でしょうか。

2003までのExcelの場合、[図形描画]ツールバーを表示しておけば、[オブジェクトの選択]を簡単にクリックできましたが、

Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを

Excel 2007・2010では、ちょっと深いところにコマンドが配置されているため、ショートカットキーが知りたいというのは、納得できることです。

[スポンサードリンク]

このサイト・インストラクターのネタ帳で何度もご紹介している方法ですが、QAT(クイックアクセスツールバー)に[オブジェクトの選択]コマンドを配置して、アクセスキーを疑似ショートカットキーとして利用してはいかがでしょう。


▼操作手順:クイックアクセスツルーバーにオブジェクトの選択を登録する
[ホーム]タブ
 -[編集]グループ
  -[検索と選択]
   -[オブジェクトの選択]で右クリック
 ↓
表示されたショートカットメニューで
 [クイックアクセスツールバーに追加]を選択

Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを

上記の操作を行うと、下図のように[オブジェクトの選択]ボタンがクイックアクセスツールバーに表示されます。

Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを

上記のような状態のときに[Alt]キーを押すとQATに登録した[オブジェクトの選択]ボタンには、「4」と表示され

Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを

[Alt]+[4]をオブジェクトの選択の疑似ショートカットキーのように使えます。

ちなみに、
オブジェクトをすべて選択する場合に、オートシェイプなどのオブジェクトを一つ選択してから、 [Ctrl]キー+[Shift]キー+[スペース]キーを押すというキーボード操作は、Excel 2007・2010でも有効です。

関連語句
Quick Access Toolbar, AcceleratorKey, AccessKey, Keyboard shortcuts, アクセラレータキー, アクセラレーションキー, キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 描画オブジェクト » Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 描画オブジェクト » Excel2010・2007でオブジェクト選択のショートカットを

「描画オブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.