Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Access 2007(アクセス2007) » Access 2010・2007で従来どおりMDIウィンドウで表示するには

Access 2010・2007で従来どおりMDIウィンドウで表示するには

対象:Access2007, Access2010

初期状態のAccess 2007・2010では、ウィンドウがタブになっています。

下図はAcccess 2010でいくつかのレポートを表示した状態です。

Access2007/2010で従来どおりのMDIウィンドウで表示−ウィンドウを重ねて表示する

生徒住所録・生徒電話帳・緊急連絡先一覧表・アレルギーと服用中の薬
といった文字が並んでいますが、これがタブです。

2003までのAccessで複数のレポートを開くと、下図のような状態になっていました。

Access2007/2010で従来どおりのMDIウィンドウで表示−ウィンドウを重ねて表示する

複数のウィンドウが開かれているときに、実際に必要なウィンドウをみつけるのに苦労するといったデメリットを解消するために、2007からはタブとしてウィンドウを開くようになっています。

しかし、従来型のユーザーインターフェースに慣れてしまっていると、やはり従来のようなMDI型(Multiple Document Interface)のウィンドウにしたいという要望も出てきます。

[スポンサードリンク]

Access 2007・2010でウィンドウを従来のような形に戻したい場合は以下の設定変更を行ってください。


▼操作概要:ウィンドウを従来のような形にする
[Accessのオプション]ダイアログ
 −[カレントデータベース]
  −[アプリケーションオプション]
   −[ドキュメントウィンドウオプション]欄で
    「ウィンドウを重ねて表示する」オプションを選択
 ↓
[Accessのオプション]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

Access2007/2010で従来どおりのMDIウィンドウで表示−ウィンドウを重ねて表示する

上記の設定変更を行ってから、そのファイルを開きなおすと、タブではなく従来のようなMDIウィンドウの状態になります。

[Accessのオプション]ダイアログは、Access 2007の場合[Officeボタン]−[Wordのオプション]ボタンから、Access 2010の場合[ファイル]タブ−[オプション]から表示できます。また、先日ご紹介したアクセスキー[Alt]→[T]→[O]を利用してもいいでしょう。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Access 2007(アクセス2007) » Access 2010・2007で従来どおりMDIウィンドウで表示するには

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Access 2007(アクセス2007) » Access 2010・2007で従来どおりMDIウィンドウで表示するには

「Access 2007(アクセス2007)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.