Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » カーソル位置のセクション番号を取得するWordマクロ

カーソル位置のセクション番号を取得するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba セクション番号を取得」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

セクション番号を取得するWord VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

セクション番号を取得するサンプルマクロ

「word vba セクション番号を取得」
という検索キーワードだけでは、セクション番号を取得してどうしたかったのかまでわかりませんので、参考になりそうな簡単なマクロをご紹介しておきます。


Sub カーソル位置のセクション番号を取得する()
 MsgBox Selection.Information(wdActiveEndSectionNumber)
End Sub

上記のマクロを実行すると、カーソルのある位置のセクション番号が、メッセージボックスに表示されます。

サンプルマクロの解説

SelectionオブジェクトのInformationプロパティに、

カーソル位置のセクション番号を取得するWordマクロ

WdInformation列挙体に定義されている定数・wdActiveEndSectionNumberを指定すると、

カーソル位置のセクション番号を取得するWordマクロ

セクション番号を取得できるので、それをMsgBox関数の引数に指定しているのが、
 MsgBox Selection.Information(wdActiveEndSectionNumber)
というコードです。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » カーソル位置のセクション番号を取得するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » カーソル位置のセクション番号を取得するWordマクロ

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.