Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Offsetプロパティ » Offsetプロパティの名前付き引数に指定できる名前の調べ方

Offsetプロパティの名前付き引数に指定できる名前の調べ方

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Offsetプロパティの名前付き引数

「offset vba 名前付き引数」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)の、Range.Offsetプロパティで名前付き引数を使う場合に、指定できる名前を調べていた検索でしょうか。

[スポンサードリンク]

オブジェクトブラウザーを使えば引数の名前はわかる

オブジェクトブラウザーの詳細ペインを見れば、引数の名前はわかります。

Offsetプロパティの名前付き引数

上図のとおり、RangeオブジェクトのOffsetプロパティの
 第1引数の名前は「RowOffset」
 第2引数の名前は「ColumnOffset」
です。

ですから、以下のような名前付き引数を使ったコードで、


 ActiveCell.Offset(ColumnOffset:=1).Select

アクティブセルの右隣のセルを選択することができます。

ちなみに、このコードを名前付き引数ではなく標準引数を使って書くと、


 ActiveCell.Offset(0, 1).Select

です。

ヘルプでも引数の名前はわかる

ヘルプにも引数の名前は明記されています。

Offsetプロパティの名前付き引数

上図のとおり、
 第1引数の名前が「RowOffset」
 第2引数の名前が「ColumnOffset」
であるとハッキリ書かれています。

ただし、人の手を介在しているためにヘルプは時々間違っていることもある、ということを認識しておく必要があります。

この点、得られる情報量は少なくなりますが、オブジェクトブラウザーのほうが信頼性は高いです。

自動クイックヒントでも引数の名前はわかる

Offsetプロパティの名前付き引数

コーディング時にコードウィンドウをよく見れば、上図のように引数の名前が自動クイックヒントとして表示されます。

ここでは「offset vba 名前付き引数」という検索キーワードをもとに記事を書いたのでRangeオブジェクトのOffsetプロパティを例にしていますが、他のプロパティやメソッドでも調べ方はもちろん同じです。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Offsetプロパティ » Offsetプロパティの名前付き引数に指定できる名前の調べ方

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Offsetプロパティ » Offsetプロパティの名前付き引数に指定できる名前の調べ方

「Offsetプロパティ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.