Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » 参照設定を調べるマクロ-VBProject.Referencesプロパティ

参照設定を調べるマクロ-VBProject.Referencesプロパティ

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

Microsoft Forms 2.0 Object Libraryへの参照設定を行う方法をご紹介しました。

特に多くの参照設定を行ってマクロを作成するようになると、参照設定しているライブラリの名前と実体ファイルがどこにあるのかを、テキストデータとして欲しくなることがあります。

[スポンサードリンク]

そのためのマクロをご紹介しておきます。


Sub 参照設定を調べる()
 Dim ref As Object

 For Each ref In ThisWorkbook.VBProject.References
  With ref
   Debug.Print _
    .Name & vbCrLf & _
    .Description & vbCrLf & _
    .FullPath & vbCrLf & _
    "----"
  End With
 Next ref
End Sub

上記のマクロを実行すると、[イミディエイトウィンドウ]に参照設定の、名前・説明・フルパスが出力されます。

上記のマクロを実行する前には、セキュリティの設定変更を行ってください。

セキュリティの設定変更を行わずに上記のマクロを実行した場合、
「実行時エラー'1004' プログラミングによるVisual Basicプロジェクトへのアクセス権は信頼性に欠けます」
といったエラーメッセージが表示されます。

セキュリティの設定変更操作は以下のとおりです。

Excel 2010・2007の場合、[開発]タブ-[コード]グループ-[マクロのセキュリティ]ボタンなどから表示できる、[セキュリティセンター]ダイアログ-[マクロの設定]タブの[開発者向けのマクロ設定]欄-[VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する]チェックボックスをOnにしてください。

Excel 2003の場合は、メニュー[ツール]-[マクロ]-[セキュリティ]から表示できる[セキュリティ]ダイアログ-[信頼できる発行元]タブ-[VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する]チェックボックスをOnにしてください。

この、VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼するセキュリティ変更は、先日ご紹介したプロシージャ一覧を作成するマクロを実行する前に行っているものと同じです。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » 参照設定を調べるマクロ-VBProject.Referencesプロパティ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » 参照設定を調べるマクロ-VBProject.Referencesプロパティ

「マクロのサンプル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.