Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » マクロで値の貼り付けをショートカットキーに

マクロで値の貼り付けをショートカットキーに

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

[値の貼り付け]ボタンをツールバー上に作成し、アクセスキ−を表示させることによって、疑似ショートカットキー操作によって値の貼り付けを実行できることをご紹介しました。

本当のショートカットキー操作ができるようにするには、マクロを作成する必要があります。

[スポンサードリンク]

まずは値の貼り付けのマクロを作成します。


▼値の貼り付けを行うマクロ
Sub PasteValues()
 On Error Resume Next
 Selection.PasteSpecial xlPasteValues
End Sub

値の貼り付けに実際必要なコードは
「Selection.PasteSpecial xlPasteValues」
という1行だけですが、コピーが行われていない状態でこのマクロが実行されると、エラーが発生するため、それを回避するために「On Error Resume Next」ステートメントを入れています。

値の貼り付けマクロができたら、マクロをショートカットキーで実行できるようにするイベントプロシージャを作成します。


▼PasteValuesマクロにショートカットキー:[Ctrl]+[Shift]+[V]を割り当てるWorkbook_Openイベントプロシージャ

Private Sub Workbook_Open()
 Application.OnKey "+^v", "PasteValues"
End Sub

Application.OnKeyメソッドの
第1引数にキーを表す文字列:「+^v」
第2引数に実行したいプロシージャ名:「PasteValues」
をそれぞれ指定しています。

「+^v」の
「+」が[Shift]キー
「^」が[Ctrl]キー
を表し、
[Ctrl]+[Shift]+[V]キーでPasteValuesマクロが実行できます。

▼サンプルファイル(001988.xls 24KByte)ダウンロード

このサイトでは、Workbook_Openイベントプロシージャによるショートカットキー割り当てについて以下のようなネタをご紹介していますので、合わせてご参照ください。

関連語句
キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » マクロで値の貼り付けをショートカットキーに

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » マクロで値の貼り付けをショートカットキーに

「マクロのサンプル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.