Home » FSO・FileSystemObjectの使い方 » Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うマクロ

Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うマクロ

Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うマクロ

「excel vba 参照設定をマクロでする」
「excel2010 マクロ 参照設定を自動的に」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、参照設定を行うためのマクロを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うサンプルマクロ

具体的にどのライブラリに対して参照設定を行いたいのかがわかりませんので、FileSystemObject等を使えるようにする、Microsoft Scripting Runtimeの参照設定を行うマクロを、ご紹介しておきます。


Sub 参照設定を行う_Scripting()

 On Error GoTo ErrHndl
 Application.VBE.ActiveVBProject.References.AddFromGuid _
   GUID:="{420B2830-E718-11CF-893D-00A0C9054228}", _
   Major:=1, _
   Minor:=0
 On Error GoTo 0

 Exit Sub

ErrHndl:
 Select Case Err.Number
  Case 32813 ' 参照設定済の場合
   Resume Next
  Case Else
   MsgBox Err.Description & vbCrLf & Err.Number
 End Select

End Sub

[セキュリティセンター]ダイアログ-[マクロの設定]-[開発者向けのマクロ設定]欄-[VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する]チェックボックスをOnにしておいてから、上記のマクロを実行すると、Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定が行われ、FileSystemObjectDictionaryオブジェクトを事前バインディングで使えるようになります。

他のライブラリへの参照設定を行う場合

上記のマクロは既にご紹介している、MSForms・Microsoft Forms 2.0 Object Libraryの参照設定を行うマクロと、ほとんど同じです。

違うのは、
   GUID:="{420B2830-E718-11CF-893D-00A0C9054228}", _
   Major:=1, _
   Minor:=0
の部分です。

この部分を変更すれば、他のライブラリへの参照設定も可能です。

例えば、ADODB・Microsoft ActiveX Data Objects 6.1 Libraryへの参照設定を行うマクロにするのなら、
   GUID:="{B691E011-1797-432E-907A-4D8C69339129}", _
   Major:=6, _
   Minor:=1
VBIDE・Microsoft Visual Basic for Applications Extensibility 5.3への参照設定を行いたいのなら、
   GUID:="{0002E157-0000-0000-C000-000000000046}", _
   Major:=5, _
   Minor:=3
です。

[スポンサードリンク]

Home » FSO・FileSystemObjectの使い方 » Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
TextStreamの参照設定は? from インストラクターのネタ帳
TextStreamオブジェクトを利用するための参照設定は、FileSystemObjectを利用する参照設定と同じです。

Home » FSO・FileSystemObjectの使い方 » Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うマクロ

「FSO・FileSystemObjectの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.