Home » FileSystemObjectの使い方 » FileSystemObjectの参照設定を行う

FileSystemObjectの参照設定を行う

VBA(Visual Basic for Applications)で、ファイル関連の処理を行うマクロを作るような場合、VBAに元々用意されているDir関数などで済む処理もありますが、FileSystemObjectを使うほうが便利なこともあります。

その場合、作成したマクロを配布するときには、
  Dim fso As Object
  Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
のような、参照設定を必要としない実行時バインディングにしておくほうが、配布の手間を減らせられますが、マクロを作成する段階では参照設定を行って、
  Dim fso As New Scripting.FileSystemObject
あるいは
  Dim fso As Scripting.FileSystemObject
  Set fso = New Scripting.FileSystemObject
といった事前バインディングの形でコーディングするほうが、便利です。

[スポンサードリンク]

参照設定すれば自動メンバー表示される

参照設定しない場合、例えば、
 GetAbsolutePathName
とか
 GetParentFolderName
といった長いメソッドをタイプミスしないように注意深く入力せざるを得ませんが、参照設定していれば下図のように自動メンバー表示されますから、どう考えても楽です。

FileSystemObjectの参照設定を行う

参照設定すればオブジェクトブラウザーにも表示される

参照設定しない場合、オブジェクトブラウザーにFileSystemObject関連の情報は表示されませんが、参照設定すれば下図のようにオブジェクトブラウザーにFileSystemObject関連の情報も表示されます。

FileSystemObjectの参照設定を行う

詳細についてはヘルプを調べる必要が勿論ありますが、ちょっとした調べものなら、ネットにつながってなくても使えるオブジェクトブラウザーのほうが便利です。

Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行う

VBE(Visual Basic Editor)で、FileSystemObjectを便利に使えるようにする参照設定を行うには、以下の操作を行ってください。


▼操作手順:FileSystemObjectを利用する参照設定を行う
メニュー[ツール]-[参照設定]をクリック
 ↓
[参照設定]ダイアログ
 -[参照設定可能なライブラリファイル]欄
  -[Microsoft Scripting Runtime]チェックボックスをOnに
 ↓
[参照設定]ダイアログ-[OK]ボタンをクリック

FileSystemObjectの参照設定を行う

FileSystemObjectを利用するときに、
  Dim fso As Object
  Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
という実行時バインディングをいつも利用していたという方は、一度ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » FileSystemObjectの使い方 » FileSystemObjectの参照設定を行う

TrackBack:8

TrackBack URL
Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うマクロ from インストラクターのネタ帳
VBA(Visual Basic for Applications)で参照設定を行うためのマクロをご紹介しています。
Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定 from インストラクターのネタ帳
Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定は、FileSystemObjectを利用するための参照設定と同じです。
TextStreamの参照設定は? from インストラクターのネタ帳
TextStreamオブジェクトを利用するための参照設定は、FileSystemObjectを利用する参照設定と同じです。
TextStreamでファイル出力するExcelマクローFileSystemObject.OpenTextFileメソッド from インストラクターのネタ帳
FileSystemObjectのOpenTextFileメソッドでファイルを開き、TextStreamオブジェクトを使ってファイル出力を行うExcel(...
TextStreamでファイル出力するExcelマクロ-FileSystemObject.CreateTextFile・Folder.CreateTextFile from インストラクターのネタ帳
CreateTextFileメソッドを使ってテキストファイルを出力するExcelマクロをご紹介しています。
フォルダーの有無をFileSystemObjectで確認する-FolderExistsメソッド from インストラクターのネタ帳
VBA(Visual Basic for Applications)のDir関数...
再帰処理でフォルダー一覧を作成するExcelマクロ from インストラクターのネタ帳
再帰処理でフォルダー一覧を作成する、FileSystemObjectを利用したExcelマクロをご紹介しています。
拡張子なしのファイル名一覧を作成するExcelマクロ-GetBaseNameメソッド from インストラクターのネタ帳
FIleSystemObjectオブジェクトのGetBaseNameメソッドを使うと、拡張子なしのファイル名を取得できます。
[スポンサードリンク]

Home » FileSystemObjectの使い方 » FileSystemObjectの参照設定を行う

「FileSystemObjectの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.