Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » VBAで次のページ数に合わせて印刷-FitToPagesWide・FitToPagesTallプロパティ

VBAで次のページ数に合わせて印刷-FitToPagesWide・FitToPagesTallプロパティ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Microsoft Office製品の中で、主に印刷を行うための資料を作成するアプリケーションは、本来、Wordです。

しかしExcelが使われていることも少なくありません。
その要因のひとつとして、次のページ数に合わせて印刷できることが

VBAで次のページ数に合わせて印刷

あげられます。

Wordの場合、印刷時の用紙サイズなどを決めてから、資料作成を開始するのが基本です。
しかし、資料作成の開始時点では、どのような印刷仕上がりにするかハッキリしていない、ということも実際にはあります。

Excelの次のページ数に合わせて印刷機能は、そのような場合にとても便利です。

[スポンサードリンク]

そんな次のページ数に合わせて印刷について、
「excel vba ページ設定 次のページ数に合わせて印刷」
「マクロ 次のページ数に合わせて印刷」
といった検索キーワードを見かけることがあります。

アクティブシートを次のページ数に合わせて印刷するサンプルマクロ

VBAから次のページ数に合わせて印刷を行うなら、以下のようなSubプロシージャです。


Sub アクティブシートを次のページ数に合わせて印刷する()
 With ActiveSheet
  With .PageSetup
   .FitToPagesWide = 1
   .FitToPagesTall = 1
  End With
  .PrintPreview
 End With
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると、アクティブシートが次のページ数に合わせて印刷で、横「1」×縦「1」を設定した状態で印刷プレビューされます。

PageSetupオブジェクトの、FitToPagesWideプロパティ・FitToPagesTallプロパティを使うと、

VBAで次のページ数に合わせて印刷

指定したページ数に合わせて印刷ができます。

選択範囲を次のページ数に合わせて印刷するサンプルマクロ

「excel vba 選択した部分を次のページ数に合わせて印刷」
という検索キーワードも見かけます。

その場合は、以下のようなSubプロシージャです。


Sub 選択範囲を次のページ数にあわせて印刷する()
 With ActiveSheet.PageSetup
  .FitToPagesWide = 1
  .FitToPagesTall = 1
 End With
 Selection.PrintPreview
End Sub

先ほどとの違いは、印刷プレビューに、RangeオブジェクトのPrintPreviewメソッドを利用しているところだけです。

VBAで次のページ数に合わせて印刷

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » VBAで次のページ数に合わせて印刷-FitToPagesWide・FitToPagesTallプロパティ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » VBAで次のページ数に合わせて印刷-FitToPagesWide・FitToPagesTallプロパティ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.