Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 入力規則・Validation » Validationオブジェクトの中身を見る

Validationオブジェクトの中身を見る

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba validationオブジェクト 内容確認」
という検索キーワードに気づきました。

セルに設定されている入力規則を表す、Validationオブジェクトの、

Validationオブジェクトの中身を見る

中身を確認するには、どうすればいいのかを探していらした方による検索です。

このタイプのご質問をいただいたときに、私がおすすめするのはローカルウィンドウです。

オブジェクトの中身を覗き見たい場合は、イミディエイトウィンドウではだめです。ローカルウィンドウウォッチウィンドウを使いましょう。

[スポンサードリンク]

そのうちどちらが初学者向けかといえばローカルウィンドウです。

Validationオブジェクトの中身をローカルウィンドウで確認する

入力規則が設定されているセルがアクティブな状態で、以下のSubプロシージャを実行してください。


Sub Validationオブジェクトの中身を確認する()
 Dim vld As Validation
 Set vld = ActiveCell.Validation
 Stop
End Sub

Stopステートメントでステップ実行モードになったら、メニュー[表示]-[ローカルウィンドウ]からローカルウィンドウを表示してください。

Validationオブジェクトの中身を見る

上図のようにオブジェクト変数vldにセットした、Validationオブジェクトの中身を確認できます。

ウォッチウィンドウでValidationオブジェクトの中身を確認する

「vba validationオブジェクト 内容確認」
と検索なさった方は、ローカルウィンドウの使い方をご存知なかったはずですから、上記の操作をまず身につけましょう。

ローカルウィンドウをご存知で、オブジェクトを取得する式を、何の戸惑いもなく書ける方は、ウォッチウィンドウも試しましょう。

先ほどの、オブジェクト変数に戻りをセットしている代入文の右辺の式「ActiveCell.Validation」を、ウォッチ式として登録すると、

Validationオブジェクトの中身を見る

ローカルウィンドウで、オブジェクト変数を使って、Validationオブジェクトの中身を見たのと同じように、ウォッチウィンドウでも確認できます。

Validationオブジェクトの中身を見る

最終更新日時:2018-12-11 14:11

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 入力規則・Validation » Validationオブジェクトの中身を見る

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 入力規則・Validation » Validationオブジェクトの中身を見る

「入力規則・Validation」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.