Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » 単語と単語の個数一覧をExcelに出力するWordマクロ

単語と単語の個数一覧をExcelに出力するWordマクロ

対象:Word2003, Word2007, Word2010

文書に含まれる単語の一覧をExcelに出力するWordマクロをご紹介しました。

ここまでくると、その単語が文書の中でいくつ含まれるのかも知りたくなります。

そんなマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

まず、アクティブなドキュメントで、指定された語句の個数をカウントするFunctionプロシージャから。


▼指定された語句の数を数えるFunctionプロシージャ

Function CountWord(WordWantToCount As String) As Long

 Dim cnt As Long

 With ActiveDocument.Range(0, 0).Find
  .Text = WordWantToCount
  Do While .Execute
   cnt = cnt + 1
  Loop
 End With

 CountWord = cnt

End Function

Do While ~ Loop文の条件に、FindオブジェクトのExecuteメソッドを指定しておくことで、
 With ActiveDocument.Range(0, 0).Find
  .Text = WordWantToCount
  Do While .Execute
Trueである限り = 指定された語句がみつかるかぎり、ループします。

そのループの中で数を数えて
   cnt = cnt + 1

その個数をFunctionプロシージャの戻り値としています。
 CountWord = cnt

上記のFunctionプロシージャを、単語と個数をカウントするマクロの中で利用します。


Sub 単語と個数をExcelに書き出す()

 Dim dic As Object ' Scripting.Dictionary
 Dim wrd As Word.Range
 Dim txt As String
 Dim xls As Object
 Dim keys As Variant
 Dim items As Variant
 Dim i As Long

' 連想配列に単語と個数を登録
 On Error Resume Next
 Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
 For Each wrd In ActiveDocument.Words
  txt = Trim(wrd.Text)
  dic.Add txt, CountWord(txt)
 Next wrd
 On Error GoTo 0

 keys = dic.keys
 items = dic.items

' Excelに単語と個数を書き出し
 Set xls = CreateObject("Excel.Application")
 xls.Visible = True
 With xls
  .SheetsInNewWorkbook = 1
  .Workbooks.Add
  For i = 0 To dic.Count - 1
   .Cells(i + 1, "A").Value = "'" & keys(i)
   .Cells(i + 1, "B").Value = items(i)
  Next i
 End With

 Set xls = Nothing
 Set dic = Nothing

End Sub

基本的なロジックは、既にご紹介している文書に含まれる単語をExcelに出力するマクロと同じです。

スペースの扱いの関係で、同じ単語とみなして欲しいのに別の単語とみなされてしまうのを防ぐために、連想配列に単語を登録する処理でTrim関数をはさんで
  txt = Trim(wrd.Text)
きれいにしてやってから

連想配列に、単語と個数を登録しています。
  dic.Add txt, CountWord(txt)
ここで先のFunctionプロシージャを呼んでいます。

連想配列に登録した単語(keys)と個数(items)を、Excelに出力しやすくするために、それぞれをVariant型の変数に格納して配列にしてから
 keys = dic.keys
 items = dic.items

ExcelをCreateObjectして
 Set xls = CreateObject("Excel.Application")

Excelを表示し
 xls.Visible = True

シートを1枚に設定し
  .SheetsInNewWorkbook = 1

ブックを追加して
  .Workbooks.Add

単語をA列に
   .Cells(i + 1, "A").Value = "'" & keys(i)
個数をB列に
   .Cells(i + 1, "B").Value = items(i)
書き出しています。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » 単語と単語の個数一覧をExcelに出力するWordマクロ

TrackBack:2

TrackBack URL
単語と個数とページ番号と行番号を、Excelに書き出すWordマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Word2003, Word2007, Word2010 文書に含まれる単語と単語の個数一覧をExcelに出力するWordマクロをご紹介しました。...
全単語とページと行の一覧をExcelに出力するWordマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Word2003, Word2007, Word2010 Word文書に含まれる単語を書き出す系のマクロを、いくつかご紹介してきました。 文書に含...

Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » 単語と単語の個数一覧をExcelに出力するWordマクロ

「Dictionaryオブジェクトの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.