Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

「ローカルウィンドウ dictionary 値」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気が付きました。

Dictionaryオブジェクトに格納されているデータを、VBE(Visual Basic Editor)のローカルウィンドウで確認する方法を探していた方による検索でしょうか。

[スポンサードリンク]

DictionaryオブジェクトのKeyをローカルウィンドウで確認するサンプルマクロ

「dictionary 値」と表現されているものが何なのかがわかりませんが、Keyに格納されているデータは、ローカルウィンドウを表示すれば、確認できます。


Sub DictionaryのKeyをローカルウィンドウで確認する()

 Dim dic As Object ' Scripting.Dictionary

 Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")

 dic.Add Key:="イ", Item:="松"
 dic.Add Key:="ロ", Item:="竹"
 dic.Add Key:="ハ", Item:="梅"
 Stop

End Sub

上記マクロを実行してStop文でステップ実行に入ったらローカルウィンドウをご覧ください。

Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

上図のようにKeyに格納されているデータを確認できます。

DictionaryオブジェクトのItemをローカルウィンドウで確認するサンプルマクロ

Itemに格納されているデータは、配列にしてやると確認できます。


Sub DictionaryのItemをローカルウィンドウで確認する()

 Dim dic As Object ' Scripting.Dictionary
 Dim arr_itm As Variant

 Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")

 dic.Add Key:="イ", Item:="松"
 dic.Add Key:="ロ", Item:="竹"
 dic.Add Key:="ハ", Item:="梅"

 arr_itm = dic.Items
 Stop

End Sub

DictionaryオブジェクトのItemsメソッドを使うと、

Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

Itemに格納されているデータを1次元配列として取得できます。

一旦、配列に格納してしまえば、下図のようにローカルウィンドウで確認できます。

Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

DictionaryオブジェクトのKeyを配列に格納してローカルウィンドウで確認する

Keyに格納されているデータは、ローカルウィンドウで直接確認できることをご紹介しましたが、DictionaryオブジェクトのKeysメソッドを使うと、

Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

Keyも1次元配列にすることができます。

Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » Dictionaryに格納されているデータをローカルウィンドウで

「Dictionaryオブジェクトの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.