Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定

Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定

「dictionary 自動変数 表示されない」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定

Dictionaryオブジェクトでインテリセンスが働かず、上図のような自動メンバー表示が行われない原因を調べていた方による検索かな、と想像しています。

[スポンサードリンク]

Dictionaryのインテリセンスを利用するには参照設定が必要

Dictionaryオブジェクトのインテリセンス機能を利用するには、参照設定が必要です。

どのライブラリーに参照設定するかというと、
 Microsoft Scripting Libraryです。

FileSystemObjectを利用する参照設定と同じです。

Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定を行う

以下の手順でDictionaryオブジェクトを利用する参照設定ができます。


▼操作手順:Dictionaryオブジェクを利用する参照設定を行う
VBEのメニュー[ツール]-[参照設定]をクリック
 ↓
[参照設定]ダイアログ
 -[参照設定可能なライブラリファイル]欄
  -[Microsoft Scripting Runtime]チェックボックスをOnに
 ↓
[参照設定]ダイアログ-[OK]ボタンをクリック

Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定

Microsoft Scripting Runtimeへの参照設定を行うサンプルマクロ

[セキュリティセンター]ダイアログ-[マクロの設定]-[開発者向けのマクロ設定]欄-[VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する]チェックボックスをOnにしておいてから、以下のマクロを実行することでもMicrosoft Scripting Runtimeへの参照設定が行われます。


Sub 参照設定を行う_Scripting()
 On Error GoTo ErrHndl
 Application.VBE.ActiveVBProject.References.AddFromGuid _
   GUID:="{420B2830-E718-11CF-893D-00A0C9054228}", _
   Major:=1, _
   Minor:=0
 On Error GoTo 0

 Exit Sub

ErrHndl:
 Select Case Err.Number
  Case 32813 ' 参照設定済の場合
   Resume Next
  Case Else
   MsgBox Err.Description & vbCrLf & Err.Number
 End Select

End Sub

[スポンサードリンク]

Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Dictionaryオブジェクトの使い方 » Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定

「Dictionaryオブジェクトの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.