Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Dialogオブジェクト » 名前を付けて保存ダイアログにアクティブシート名を表示するマクロ

名前を付けて保存ダイアログにアクティブシート名を表示するマクロ

対象:Excel2000, Excel2002, Excel2003, Excel2007

名前を付けて保存ダイアログにアクティブセルの値を表示するマクロをご紹介しました。

似たようなことですが、実務ではアクティブシートの名前をファイル名にして保存するといったこともあります。

そのため、[名前を付けて保存]ダイアログの[ファイル名]に、アクティブなシートの名前がデフォルト表示された状態で[名前を付けて保存]ダイアログが表示したい、といった要望をいただくこともあります。

[スポンサードリンク]

これも、VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを作成して、ショートカットキーをマクロに割り当ててはいかがでしょう。


▼名前を付けて保存ダイアログにアクティブシート名を表示するマクロ
Sub DispSaveAsDlg_ActiveSheetName()

 Application.Dialogs(xlDialogSaveAs).Show Arg1:=ActiveSheet.Name

End Sub

先日ご紹介したマクロと違うのは、
「Arg1:=ActiveCell.Value」

「Arg1:=ActiveSheet.Name」
となっていることです。

マクロにショートカットキーを割り当てるのは前回同様ですが、今回は[Shift]+[F12]キーに「DispSaveAsDlg_ActiveSheetName」マクロを割り当ててみます。


▼DispSaveAsDlg_ActiveSheetNameマクロをShift+F12キーで実行されるようにするイベントプロシージャ
Private Sub Workbook_Open()

 Application.OnKey "+{F12}", "DispSaveAsDlg_ActiveSheetName"

End Sub

上記のように「"+{F12}"」と指定することで、[Shift]+[F12]キーで「DispSaveAsDlg_ActiveSheetName」マクロが実行できるようになります。

▼サンプルファイル(002696.xls 37KByte)ダウンロード

サンプルファイルには今回ご紹介したコード、先日のアクティブセルの値を表示するコード、マクロにショートカットキーを割り当てるコードを入れてあります。

任意のセルにデータを入力して[F12]キーを押したり、シート名を変更して[Shift]+[F12]キーを押してどうなるかをご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Dialogオブジェクト » 名前を付けて保存ダイアログにアクティブシート名を表示するマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Dialogオブジェクト » 名前を付けて保存ダイアログにアクティブシート名を表示するマクロ

「Dialogオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.