Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 変更履歴・コメント » Word VBAで変更履歴ウィンドウを表示する

Word VBAで変更履歴ウィンドウを表示する

対象:Word2007, Word2010, Word2013

変更履歴ウィンドウを表示するWordマクロ

「word マクロ 変更履歴ウィンドウを開く」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

2007以降のWordでは、[校閲]タブ-[変更履歴]グループ-[[変更履歴]ウィンドウ]ボタンから、[変更履歴]ウィンドウを表示することができます。

「word マクロ 変更履歴ウィンドウを開く」
という検索は、この[変更履歴]ウィンドウを開く、Wordマクロ・VBAのコードを探している方によるものでしょう。

[スポンサードリンク]

縦長の変更履歴ウィンドウを開くサンプルマクロ

以下のようなマクロで、縦長の[変更履歴]ウィンドウを開くことができます。
Sub 縦長の変更履歴ウィンドウを開く()
 ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneRevisionsVert
End Sub

ActiveWindowプロパティでアクティブなWindowオブジェクトを取得して、
WindowオブジェクトのViewプロパティでViewオブジェクトを取得して、
ViewオブジェクトのSplitSpecialプロパティに、定数・wdPaneRevisionsVertを指定すると、
縦長の[変更履歴]ウィンドウを表示できます。

横長の変更履歴ウィンドウを開く場合

横長の[変更履歴]ウィンドウを表示したい場合は、
  ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneRevisionsHoriz
と定数・wdPaneRevisionsHorizを指定してください。

変更履歴ウィンドウを非表示にする場合

[変更履歴]ウィンドウを非表示にするには、
  ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneNone
と、定数・wdPaneNoneを指定してください。

最終更新日時:2020-03-29 16:30

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 変更履歴・コメント » Word VBAで変更履歴ウィンドウを表示する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 変更履歴・コメント » Word VBAで変更履歴ウィンドウを表示する

「変更履歴・コメント」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.