Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » ListObjectsコレクションのAddメソッドの戻り値は?


ListObjectsコレクションのAddメソッドの戻り値は?

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「activesheet.listobjects.add 戻り値」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)の、ListObjectsコレクションオブジェクトのAddメソッドが、何を返すのかを調べている方による検索です。

ListObjects.Addの戻り

まず結論から。

ListObjectsコレクションのAddメソッドは、新たに作成されたListObjectオブジェクトを返します。

[スポンサードリンク]

オブジェクト式が何を返すのかはオブジェクトブラウザーでわかる

ListObjects.Addメソッドに限らず、オブジェクト式が何を返すのかは、オブジェクト式の文法を正しく理解できているのならば、オブジェクトブラウザーで調べるのが簡単かつ確実です。

ListObjects.Addメソッドの詳細ペインを見れば、下図のとおり、ListObjectオブジェクトを返すことを確認できます。

ListObjectsコレクションのAddメソッドの戻り値は?

ListObjects.Addメソッドが何を返すのかはヘルプでもわかる

ListObjects.Addメソッドが何を返すのかを調べるのは、上述のとおりオブジェクトブラウザーが一番だと感じますが、ヘルプでもわかります。

ListObjectsコレクションのAddメソッドの戻り値は?

ListObjects.Addメソッドが何を返すのかはサンプルコードを実行してもわかる

「activesheet.listobjects.add 戻り値」
という検索をしているレベルの方にとっては難易度の高い方法ですが、サンプルコードを実行して何が返されるのかを調べることも可能です。


Sub ListObjectsコレクションAddメソッドの戻り値を確認する()

 Dim tmp As Variant

 Set tmp = ActiveSheet.ListObjects.Add( _
   SourceType:=xlSrcRange, _
   Source:=Selection.Cells.CurrentRegion, _
   XlListObjectHasHeaders:=xlYes)

 Stop

End Sub

上記のマクロを実行すると、Stop文の箇所でステップ実行モードになります。その状態でローカルウィンドウを見れば、下図のとおりVariantで宣言した変数・tmpに、ListObjectオブジェクトがセットされていることから、ListObjects.AddメソッドがListObjectオブジェクトを返すことがわかります。

ListObjectsコレクションのAddメソッドの戻り値は?

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » ListObjectsコレクションのAddメソッドの戻り値は?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » ListObjectsコレクションのAddメソッドの戻り値は?

「ListObjectオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.