Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » Excel VBAでListObject・テーブルの行数・レコード数を取得する

Excel VBAでListObject・テーブルの行数・レコード数を取得する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel vba テーブル 行数」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

テーブル・ListObjectの行数を取得するExcel VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

テーブル・ListObjectの行数を取得するサンプルマクロ

「excel vba テーブル 行数」
という検索キーワードで「行」と表現されているものが何なのかは厳密にはわかりませんが、見出し行や集計行を含まない行数、いわばレコード数を取得するコードをご紹介しておきます。


Sub テーブルのレコード数を取得()

 MsgBox ActiveSheet.ListObjects(1).ListRows.Count

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブなシート上の一つ目のテーブルの行数がメッセージボックスに表示されます。

サンプルマクロの解説

上記のマクロで利用しているオブジェクトモデルの階層関係は下図のとおりです。

Excel VBAでListObject・テーブルの行数・レコード数を取得する

アクティブなシート上の一つ目のListObjectオブジェクトを取得するところまでは、ListObjectオブジェクトを利用する他のマクロと勿論同じです。

ListObjectオブジェクトのListRowsプロパティを使うと、テーブル内のすべての行を表すListRowsコレクションオブジェクトが取得でき、

Excel VBAでListObject・テーブルの行数・レコード数を取得する

ListRowsコレクションオブジェクトのCountプロパティで、

Excel VBAでListObject・テーブルの行数・レコード数を取得する

テーブルの行数(レコード数)を取得できます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » Excel VBAでListObject・テーブルの行数・レコード数を取得する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » Excel VBAでListObject・テーブルの行数・レコード数を取得する

「ListObjectオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.